アスリートファースト!?東京五輪マラソン早朝スタートで考える朝ラン

タグ: , , 2019/10/28

[記事提供:カラダ・知る・ジム – BODY TIPS(https://www.bodytips.co.jp/)]

カラダを第一に思うなら朝ランは不適切


ここ数日マスコミを賑わしている2020東京オリンピックのマラソン開催地変更問題。個人的にはまず、改めてIOCという腹黒い組織の傲慢さに呆れるばかり。そりゃあ小池都知事が断固抗議するのも当然かと思う。しかし、トレーナーの視点で見ると、IOCも東京都もどちらも大して変わらないというのが私の意見だ。

それは、マラソンのスタート時間について。変更前の東京で朝6時スタートの予定だった。それに対し、開催地が札幌に変更されるとなり、東京都が提案したのはスタート時間をさらに繰り上げ3時にするというもの。その時間ならまだ涼しいだろうという、気温にのみ視点を当てた浅はかな考えなのか?もしそうだとしたら心底呆れてしまう。

通常、大きな大会のマラソン競技におけるスタート時間は、概ね9時前後が多いように思う。確か、箱根駅伝でも朝8時スタートだったかと記憶する。それが6時スタートでも結構早いのだが、さらに2時間半も早めて3時という時間は朝というより夜中と言っていい。その時間に走る選手のカラダに対する適応など、まるで無視されているとしか思えない。

市民ランナーでも朝に走る人は多く、統計的には6時台が24時間の中で最も多く、次いで多いのが夜の19時台、20時台と続く。昔から走るなら朝がいい、夜がいいと議論が分かれるが、トレーナーとしての私個人の意見は朝走ることのリスクは大きい。その根拠をいくつかお話ししたいと思う。

・合わせて読みたい→
40代に入ると感じ始める「疲れやすい体」の正体とは?(https://cocokara-next.com/lifestyle/true-character-of-a-body-that-tends-to-get-tired/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧