巨人・菅野 アクシデント降板より痛い「あの弱点」露呈とは

タグ: , , 2022/4/9

 果たして大丈夫か。8日のヤクルト戦(東京ドーム)に先発した巨人・菅野智之投手(32)がアクシデントに見舞われた。

 2点を追う5回無死一塁の場面でヤクルト・青木の打球が右足を直撃。直後は足を地面につくこともできず、トレーナーの肩を借りながら苦悶(くもん)の表情でベンチに引き上げ、そのまま降板となった。

・今すぐ読みたい→
新庄ハム いよいよ「内部崩壊」か パ・リーグ最速の10敗目 波紋呼ぶ「ショック療法」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/fighters-broken-relationships-02/


 ここまで2勝をあげるエースの今後も気になるが菅野に関しては、本来のピッチングに関しても状態が不安視されている。

 この日は2回一死二塁から長岡に先制の二塁打を浴びると、4回にも二死一、三塁からオスナに中前に弾き返された。持ち味である力強い投球が見られず失点を重ねたことには原監督も「正常なものではないでしょうね」と首をかしげた。

 また、この日のヤクルトのオーダーが菅野の弱点を浮き彫りにしていた。1番にこれまでの塩見に代わって左打者の太田を入れるなど、5人左打者を並べた。この狙いに関してはこんな指摘もある。





 「4月1日に行われた阪神戦でも近本など左打者に対して投げにくそうにしていた。本来の調子でないのもあるが、菅野に関しては球種含め、相手チームも相当研究している。ヤクルト打線は狙いを絞って菅野に向かってきていた」(球界関係者)。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧