高野連の「常識」は世間の「非常識」ひこにゃん✕近江騒動でまたも露呈した感覚のズレ

タグ: , , 2022/4/9

 高野連、またか。

 春のセンバツ高校野球に出場した近江(滋賀)が5日、地元の彦根市に準優勝報告を行った際、人気ゆるキャラ「ひこにゃん」と一緒に記念撮影した写真について、日本高校野球連盟(高野連)から許可が出ず、市は公式SNS掲載を見送った。高野連の対応に批判が殺到し、2日後に高野連は急転して問題ないという見解を出し、SNS掲載が容認されたという騒動があった。

・今すぐ読みたい→
エンゼルス・大谷「高校野球でも見られない!!」話題となった開幕戦の注目シーンとは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shoheiotani-2022-opening-game/


 近江は校長と多賀章仁監督、山田陽翔主将らが同市役所を訪問。補欠校から史上初の準優勝という快挙をたたえ、市は「ひこにゃん」をサプライズで登場させた、という経緯だった。記念写真の掲載について、市から学校を通して高野連に確認したところ「商業的な利用を禁じる日本学生野球憲章に抵触するおそれがある」と通達があったという。

 同市の担当者らによると「市だけでなく、日本中に感動を与えてくれた近江ナインに対し、喜んでもらいたくて、ひこにゃんの登場は学校側に知らせず、市が企画したものでした。結果的に、あだになってしまった」と落胆したという。高野連は一度NGを出した後、同校にヒアリングを重ね「PRに利用される可能性があると思ったが、商業目的にはあたらない」と撤回したが、状況を確認して判断すれば、今回のような混乱を招かずに済んだ。





 とにかく、世間との「ズレ」が目立つ高野連。センバツの不可解選考でも、大きな波紋を呼んだ。昨秋の東海大会で準優勝してセンバツ当確とみられていた聖隷クリストファー(静岡)が落選し、ベスト4だった大垣日大(岐阜)が選出されたことに対し、高野連への批判が集中。署名運動がおこり、ダルビッシュなど多くのプロ選手も異をとなえる騒動に発展した。落選に泣き崩れた聖隷クリストファーは、再出発を図った春の静岡県地区予選で常葉大菊川に0対10の7回コールドで初戦敗退した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧