「頂上対決であると同時に、新たなライト級大戦争の始まり」髙阪剛が『UFC269』の見どころを語る

タグ: , , , , 2021/12/8

 日本時間の12月12日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのT-モバイルアリーナで『UFC269』が開催される。
メインイベントは、王者シャールズ・オリヴェイラが、ダスティン・ポワリエを迎えうつライト級王座初防衛戦。

 この一戦の見どころを、「世界のTK」高阪剛に語ってもらった。

(写真左より)シャールズ・オリヴェイラ、ダスティン・ポワリエ/Getty Images

・今すぐ読みたい→
堀口恭司が感じる憧れ・山本KIDの魅力「『漢』って感じ」 ​https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-talks-about-yamamotokid/


――『UFC269』ではライト級タイトルを懸けた大一番、オリヴェイラvsポワリエがついに実現しますね。
「そうですね。自分なんかすごく楽しみな反面、正直『困ったなあ』という感じもあったりするんですよ。『この二人、戦わせちゃうの?』って(笑)。」

――困っちゃいますか(笑)。
「もしUFCが2リーグ制だったら、二人とも世界チャンピオンでいいかなと(笑)。それぐらいの実力者であり、スター選手ですからね。その両者のどちらかに黒星が付いてしまうと考えるとつらいんですけど、これがまたUFCの醍醐味ですから。」

――両者の前回の試合、オリヴェイラvsマイケル・チャンドラー、ポワリエvsコナー・マクレガーも『どっちも負けてほしくない』という感じの試合でした。
「それぐらい今のライト級は充実しているし、その頂上対決が見られるというのは、ファンにとってたまらないとは思いますね。」

――では、髙阪さんはこの試合のポイントをどのあたりに置いていますか?
「オリヴェイラは打撃でKOもできる寝技のスペシャリストで、ポワリエの方は、打撃のラッシュで畳み掛けるタイプのオールラウンダー。ポイントはいろいろあると思うんですけど、今回は5ラウンドのタイトルマッチということで、スタミナ面がポイントのひとつになると思います。」

シャールズ・オリヴェイラ/Getty Images

――王者オリヴェイラは、前回、初のタイトル戦となったチャンドラー戦では2ラウンドTKOで勝利しているので、5ラウンドをフルに戦った経験がまだないですよね。
「そうなんです。ただ、結果的に早いラウンドで勝利していますけど、このところのオリヴェイラの試合を見ると、長いラウンドを想定して戦っていたと思うんです。具体的には『寝技をやりすぎない』ということを、やっていたかなと。」

――寝技師のオリヴェイラが、あえて寝技を制限していた、と。
「オリヴェイラって、寝技が得意なだけじゃなく寝技の展開自体が好きだから、以前はついつい寝技をやりすぎてしまっていたことがあったんですよ。極めて勝てればそれでもいいんですけど、しのがれてしまったときは疲れてしまって、その次のスタンドの展開で不安定さが出てきたり、ガードが下がったり、体が流れながらパンチを打ったりとか、そういうことが起こりがちだったんです。」

――寝技の強さが諸刃の剣になっていた、と。
「その反省から、試合全体のバランスを考えて、『出力のコントロール』をし始めたと思うんです。あえて打撃の展開を増やして、そこにうまく寝技を混ぜていくような感じで、寝技でそこまで体力を使わないようにするという。そういったスタイルにたどり着いたんじゃないかな。」

――なるほど。ただ単に打撃技術を向上させたわけじゃないんですね。寝技の極めが強い分、出力も大きいから寝技でのスタミナロスも激しいので、スタンドでも勝負できるようにするという。
「相手からしたらオリヴェイラは寝技が強いのはわかっているので、寝技でやり合うんじゃなく、しのぐ、逃げるということをするわけですよ。それを追いかけていくっていうのは疲れるんです。だから追いかけすぎないようにして、立ち技と寝技のバランスがうまく取れたスタイルに変わっていった。」

——それが9連勝につながっているわけですか。
「そういう気がしますね。試合全体のコントロールができるようになっていったので。たとえば前回のチャンドラー戦なんかでも、1ラウンドにパンチを効かされて、手をついて四つん這いの体勢になりながら、頭を振ってパンチを受けないようにするという動きがあったんですよ。」





——パンチを効かされてタックルに行ったけれど、切られたときですね。
「そうです。オリヴェイラ的には、あのまま仰向けになって、すぐガードポジションから足を取りにいったりするなど、選択肢としてあったと思うんですよ。でも、そうじゃなく、四つん這いの体勢でちょっと時間を使ってダメージを回復させて、寝技で体力を使いすぎないようにする。そういうことを頭に入れていたからこその動きだったんじゃないかと思うんです。」

――温存することで、勝負所で得意の寝技を最大限に使うこともできるでしょうしね。
「寝技に頼りすぎないことで、より寝技を活かすことができるという。だからオリヴェイラとしては、今回も5ラウンドマッチを見越して、出力のコントロールを考えた、寝技を抑え気味にした組み立てにするんじゃないかなと思います。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧