【UFC272】UFC一番の犬猿の仲!ウェルター級スター同士が初対戦!勝負の分かれ目とは!?

タグ: , , , , 2022/3/3

 日本時間の3月6日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのT-モバイル・アリーナで『UFC272』が開催される。

 メインイベントは、ウェルター級ランキング1位のコルビー・コヴィントンと同6位のホルヘ・マスヴィダルによる、かつてのアメリカン・トップチーム盟友同士による因縁の一戦。

 この試合の見どころを、「世界のTK」高阪剛に語ってもらった。

(写真左より)コルビー・コヴィントン、ホルヘ・マスヴィダル/Getty Images

・今すぐ読みたい→
東京五輪メダリストが感じた平野歩夢のすごさとは!?不可解判定について「自分だったら・・・」女子ボクシング・並木月海インタビュー https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tsukiminamiki-talks-about-ayumuhirano/


——『UFC272』のメインはコヴィントンvsマスヴィダルのウェルター級マッチが組まれました。ノンタイトルの試合がUFCナンバーシリーズのメインイベントになるのは久しぶりですね。
「マスヴィダルはネイト・ディアス戦(2019年11月『UFC244』)の時もメインでしたよね。そう考えるとマスヴィダルが出れば、タイトルがかかっていてもかかっていなくても、メインイベントが成り立つという図式ができあがってますよね。」

――コナー・マクレガーのような特別な選手ということですね。まあ、マスヴィダルvsネイトは、BMFベルトという非公式なタイトルは賭けられていましたが(笑)。
「『裏のタイトル戦』ですね(笑)。BMFはバッドガイ同士のトラッシュトークも含まれるようなタイトルだから、今回も事実上BMFタイトル戦と言っていいかもしれない。」

――しかも今回は、元アメリカン・トップチームの仲間だった両者が、今や完全に袂を分かち犬猿の仲になって行われる因縁の戦いですからね。
「だから本当に試合が実現するのか、心配なくらいですよ。」

――チームが割れて仲違いした相手と試合をする選手の気持ちは、どういったものなんでしょうか?
「これは日本人的な感覚からすると、試合が組まれている時点で、いろんなことが消化済みと判断できるところがあるんですよ。本当にアンタッチャブルな関係だったら、普通、試合は組めないですからね。」

――日本だと試合はおろか、会見等に同席もさせられないようなところがありますよね。例えば桜庭和志選手と秋山成勲選手が同席することがありえない、みたいな。
「だから日本だと、試合が組まれた時点で気持ち的なものはある程度はクリアできていると判断できるんです。ですがアメリカの場合、本当にシャレにならない関係すらエンターテインメントにしてしまうようなところがありますからね。そういう土壌のもとで行われる試合なので、今回のコヴィントンvsマスヴィダルは何が起こるかわからないというか、無事、試合当日を迎えてほしいって感じですよ(笑)。」

――それぐらい波乱含みの試合ということですね。
「ただ、そういった感情的な面を抜きにしても、コヴィントンとマスヴィダルは、やり合いの中で強さを発揮する者同士の戦いなので、純粋なマッチアップとして考えても、すごく惹かれるものがありますね。」

――両者ともに激戦区ウェルター級の上位ランカー同士。しかも、ここ数年は王者カマル・ウスマンにしか負けてないですからね。
「コヴィントンもマスヴィダルも、ウスマンと2試合ずつやっていますけど、その計4試合を今回あらためて見直してみたんですよ。そこでまず感じたのは、コヴィントンはああいう傍若無人なキャラクターですけど、じつはものすごい努力家なんだろうな、ということですね。ウスマンとの1戦目と2戦目を比べてみても、明らかにいろんな面で向上していたし。格闘技に対してクソ真面目だからこそ、あえてその裏返しでトラッシュトークをやってるんじゃないか、と思わせるくらいテクニカルなんです。」

――コヴィントンはかつて、戦績は良いのに試合が地味でリリース寸前までいったことがあったので、チェール・ソネンを参考にして自分をキャラ付けしたと発言していたことがありましたからね。
「コヴィントンが、いわゆる『地味強』に見えてしまった要因というのは、それもこれもレスリング能力が高いからだと思うんですよ。」

――王者ウスマンもそうですけど、レスリング能力が高くてトップコントロールが巧みな選手は、地味に見られがちですよね。
「そしてコヴィントンは2度目の試合で、そのウスマンからテイクダウンを奪ってるんですよね。ウスマンはそれまでテイクダウンディフェンス100パーセントでしたよね?」

――はい。UFCで一度もテイクダウンを許していませんでした。
「コヴィントンがウスマンとの再戦の3ラウンドにタックルで倒した時、これがテイクダウンと認められるかどうか現地の実況でも物議を醸してましたけど、タックルからバックを取って崩してウスマンの両手をマットにつかせているので、あれはレスリング的にはグラウンディングなのでテイクダウンなんですよ。」

――一応、UFC公式記録では、いまだウスマンのテイクダウンディフェンスは100パーセントのままですけど、コヴィントン自身は「テイクダウンを奪った」と言っているようです。
「それぐらい、自分の中でもうまくいった手応えがあったんでしょう。あの時、サウスポーの構えから左タックルにスイッチして入ってるんですよ。その前は、逆にサイドにタックルで入って、それはウスマンに2回切られてるんです。でも、3ラウンドでは逆側にタックルで入ったので、ウスマンはまったく反応ができなかった。」

コルビー・コヴィントン/Getty Images





――裏を突かれたわけですね。
「あのシーンひとつとっても、コヴィントンはあれだけのプレッシャーの掛け合いの中で、すごく冷静に判断ができる選手なんだなと感じましたね。普通、ウスマンにプレッシャー掛けられて、ジャブを被弾している状態でタックルを2度切られたら、あたふたしてもおかしくないところで、冷静に自分のほうに流れを引き寄せるものを試合の中で出せた。そこがウスマン戦の1戦目と2戦目の違いですね。」

――1戦目は後半、ウスマンが完全にペースを握りましたけど、2戦目は最後まで一進一退でしたもんね。
「そうなんですよ。2戦目はコヴィントンに試合が傾いている瞬間が何度か訪れていて、一方的にペースを握られていたわけではなかった。最終的に勝つまでには至らなかったけれど、ウスマンの牙城に最も近づいた選手であることはたしかです。だからコヴィントンという選手は、キャラ付けされた先入観を省いて見ると、ものすごくテクニカルなファイターだと思います。逆に言えば、その真の姿を隠すために、あえてあのキャラを演じてるんじゃないかな。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧