男子バレー、主力温存でアメリカ撃破の”層の厚さ”を現地メディアが「勝利を決定付けたのはマサト・カイ」

タグ: , , 2024/6/24

アメリカ戦で奮闘した甲斐の台頭はチームにとって嬉しい材料だ(C)Getty Images

 バレーボール男子日本代表は6月23日、ネーションズリーグ(VNL)1次リーグで、アメリカ代表に3-0で勝利し、フィリピン・マニララウンド最終戦を飾った。すでにファイナルラウンド進出を決めていた日本の1次リーグ通算成績は9勝3敗。敗れたアメリカは5勝7敗でファイナル進出はならなかった。

【動画】バレー男子日本が米国を倒す!宮浦健人が両チーム最多18得点





 この試合では前日に33得点を挙げた石川祐希や、フランス戦途中よりベンチに退いた西田有志の出場はなかったものの、日本は控え選手中心で臨みアメリカを圧倒した。スタメン出場となった小野寺太志、大塚達宣、甲斐優斗らの得点により、25-20で1セット目を先取すると、2セット目はリードを許す展開が続くも、追いつき25-23とこのセットも逆転で連取。3セット目でも宮浦健人がバックアタックや、スパイク、さらに終盤勝負どころではサービスエースでもポイントを重ねるなど、日本の勢いは止まらず、最後は甲斐の強打をアメリカが返すことができず、25-19となり試合が決した。

 フランス戦に続き好調の宮浦が18得点で攻撃を牽引、甲斐も16得点で続いた。この日、特に存在感を放った宮浦、甲斐、両選手には開催国となったフィリピンの現地メディア『GMA Integrated News』もプレーを高く評価している。

 試合後の同メディアによるレポートでは、「日本は接戦になると予想されていた試合をスイープ勝利に変え、米国を25-20、25-23、25-19であっさりと打ち負かした」と振り返っており、「両チームともいつものスターティングメンバーを起用しなかったが、日本はそれでも米国を圧倒した」と日本の層の厚さを称えている。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧