「とても完成されたチーム」日本の強さに米国ミドルブロッカーも脱帽 宮浦健人は両チーム最多18得点を挙げる【男子バレー】

タグ: , , , 2024/6/24

日本代表の強さに相手の米国選手も脱帽。宮浦健人は両チーム最多18得点を挙げた(C)Getty Images

 バレーボールのネーションズリーグ(VNL)男子1次リーグ第3週が日本時間6月23日、フィリピンのマニラで行われ、日本が米国に3-0(25-20、25-23、25-19)のストレート勝ちを収めた。日本は通算9勝3敗の4位で1次リーグを終え、27日~30日の期間でポーランドで行われる決勝トーナメントに臨む。

【動画】バレー男子日本が米国を倒す!宮浦健人が両チーム最多18得点





 石川祐希、西田有志らを温存して臨んだ日本は、控え中心の構成。出場機会の少なかった宮浦健人が先発出場し、躍動した。第3セットでは、21-19から3連続サービスエースを決めるなど活躍を見せ、両チーム最多となる18得点をマーク。チーム最年少の甲斐優斗も16得点で勝利に貢献した。

 スイスのバレーボール専門メディア『Volleyball World』はXで、「ケント・ミヤウラの活躍により、日本はストレートで勝利し、通算成績を9勝3敗とした」と投稿している。

 対戦相手の米国とは8連敗中だったが、2016年5月以来、8年ぶりの白星を手にした。米国メディア『USA Volleyball』は記事の中で、米国のミドルブロッカーで、この日8得点を挙げたテーラー・アベリルのコメントを掲載。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧