原巨人が逆転Vに向け、後半戦3連勝スタート! ワッショイベースボールに込められた名将・藤田元司元監督への思いとは

タグ: , , 2021/8/16

 まさに原監督の提唱する「ワッショイベースボール」をチームで体現した。

巨人は15日の中日戦(東京ドーム)に4―2と勝利し、五輪期間中断を経て始まった後半戦で3連勝を達成。打線ではキャプテンの坂本が初回に先制の12号ソロをマーク。侍ジャパンで初の金メダルを獲得、日本中に感動を巻き起こしたばかりの侍戦士はチーム合流後の初アーチに「いい準備ができて1打席目の初球に打つことができた」とにっこりだ。ベンチに戻った際には、原監督が提唱するワッショイベースボールを体現するかのように「みこしを担ぐポーズ」を披露、チームを盛り上げた。

・今すぐ読みたい→
吉兆出た! 原監督の『みこし』発言!ワッショイベースボールで巨人の逆襲なるか https://cocokara-next.com/athlete_celeb/wasshoi-baseball/


 チームでは本塁打だけでなく、得点した際もみこしを担ぐポーズでベンチのナインも迎える。一体感は高まり、自然とお祭りムードに。投げては好救援で3連勝に貢献した今村もヒーローインタビューで「ワッショイベースボールで抑えました!」と絶叫した。

 後半戦ロケットスケートの大事なキーワードとなった「ワッショイベールボール」には原監督の秘めたる思いもあった。

「もともと、『ワッショイベースボール』のかけ声は藤田元監督のときに行っていたもの。当時、藤田監督は王監督の引責辞任の後を受けて、チームの立て直しの真っ最中。優勝が至上命題となる中、4番を務める原監督に向けて、少しでも明るく盛り上げようと当時の主力である上田さんや津末さんが、原さんを始め、ナインが打ったときにベンチで『ワッショイ、ワッショイ!』と手拍子をして盛り上げていた」(巨人OB)





 その努力の甲斐もあって、チームは藤田体制で1989、90年と連覇を達成。原監督も主力としてチームを支えた歴史がある。「ワッショイ!」という言葉には、チーム全体で一丸となって、勝利をもぎ取った「巨人の歴史」が息づいているというわけだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧