「史上最強」侍ジャパンの裏で、坂本勇人や柳田悠岐ら“大物”が辞退 WBC経験の球界OBが語る辞退者が多いわけ

タグ: , , , , , , , 2023/1/20

(C)Getty Images

 3月に開幕する野球の世界大会「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」に向け、優勝を目指す侍ジャパンの顔ぶれが明らかになった。1月6日には、栗山英樹監督から一部メンバーの発表がされており、メジャー組では、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平やサンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有、シカゴ・カブスの鈴木誠也が名を連ね、国内組ではヤクルト村上宗隆オリックス山本由伸らのメンバー入りが決まっている。「歴代最強」とも言われる侍ジャパンだが、巨人坂本勇人ソフトバンク柳田悠岐、オリックス・森友哉西武平良海馬など、実績のある選手の辞退も目立っている。

【関連記事】「カープに戻る可能性もある」契約最終年の巨人・丸の去就が水面下で注目集める「理由」





 一体なぜ、これほど多くの選手が辞退をするのか。千葉ロッテマリーンズやWBC日本代表の正捕手として活躍したプロ野球OBの里崎智也氏は自身のYouTubeチャンネルでその要因について語った。

 今季から先発に転向することもあり、辞退したと見らえている西武・平良については、「野球はポジション変更すると、その調整に時間がかかる。がっつり(ポジション)を変更したら、練習しないと無理だね」と話し、リリーフから転向する平良の決断に理解を示した。

 その他にも大物選手の辞退が明らかになっているが、WBCを経験した里崎氏は自身の見解を踏まえながら、原因ついて話した。「なぜ(WBC)に行かないのかというと、『補欠』だから」と、ジャパンの中で控え選手になってしまうことを挙げた。「シーズンに向けて調整しないといけないのに、補欠だったら試合も出ないし、練習時間もない。さらにWBCが終わったらすぐに開幕戦で、何も調整をすることができない」と話し、本選にレギュラーとして出場できないと調整が思うようにできないため、辞退者が多いと推測した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧