やっぱり本物!巨人のドラ1ルーキー・浅野翔吾の真の敵はメディアか

タグ: , , , , 2023/1/20

(C)Getty Images

 噂に違わぬ実力の持ち主であることは、疑いようがありません。

 巨人のドラフト1位・浅野翔吾外野手(18・高松商業)の評判が日に日に高まっています。現在はジャイアンツ球場で行われている新人合同自主トレに臨み、そのスイングスピードを見た首脳陣や報道陣からは、あらためて惚れ直したとの声が相次いでいます。

【関連記事】巨人・オコエ 「反社」報道で波紋 ささやかれる「新たな火種」





 スポーツ紙のデスクが言います。

 「巨人にとって、浅野は救世主でしょう。昨年は借金4の4位とBクラスに沈んだ原巨人ですが、ドラフト会議で浅野を引き当てたことで、チームのムードが一気に明るくなりました(笑)。高卒というと素材型がほとんどですが、浅野はかなり完成されている。早い段階での一軍昇格も、十分あり得るでしょう」

 そんな浅野にとって、警戒すべき相手は…セ・リーグの好投手ではなく、まずはメディアだと言うのです。

 前述のデスクが言います。

 「12球団のルーキーの中でも、巨人のドラ1は別格というのが我々の共通認識です。しかし、近年は抽選負けの影響もあって、甲子園のスターがドラ1に来なかった。その意味では2014年の岡本和真以来の盛り上がりです。その分、プレッシャーに負けてしまう例も多々ある。メディアとの付き合い方をどうしていくのかも、プロとして大切なことです」

 成功例は松井秀喜さんでしょう。

 「松井の性格もあったと思いますが、番記者は与党メディア、野党メディアを問わず、みんなゴジラが大好きでした。松井もまたスポーツメディアを愛していたし、お互いがいい関係で切磋琢磨できたと思います。与党紙のスポーツ報知がストイックな姿勢を報じる一方、東スポがAV好きにスポットを当てたりとか(笑)。しかも基本的に『何を書いてもOK』なので、自然と『応援していこう』という空気になったわけです」(前述のデスク)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧