ワールドシリーズ第7戦で初めて先発した日本人投手とは?

タグ: , 2019/10/31

 4勝0敗でソフトバンクが巨人をスイープした日本シリーズとは対照的に、メジャーリーグのワールドシリーズは最終第7戦までもつれる熱戦となった。残念ながら、日本人メジャーリーガーの所属チームは駒を進めることができなかった。

・合わせて読みたい→
ダルビッシュ、復活勝利!リハビリ過程で残して来た後世の参考になる言葉の数々とは(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/darvish-first-victory-this-season/)

ワールドシリーズでの日本人選手


 2005年に井口資仁がホワイトソックスで、主力として日本人では初めてワールドシリーズ優勝に貢献した。翌年以降は田口壮のカージナルス、松坂大輔と岡島秀樹のレッドソックス、そして2009年の松井秀喜のヤンキースと、毎年のように日本人メジャーリーガーがチャンピオンリングを手にした。

 だが、2010年以降の10年間では、2013年の上原浩治と田沢純一のレッドソックスただ一度だけ。やはりその頂点への道のりは険しい。

 第7戦までもつれたのは2017年以来2年ぶり。その前回の最終戦で悲劇の主人公となってしまったのが、当時ドジャースに在籍したダルビッシュ有投手だった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧