金村義明が12球団戦力を徹底分析!〜昨年セ・Aクラス編〜

タグ: , , , 2021/2/18

 元フジテレビアナウンサーでスポーツアンカーの田中大貴が様々なスポーツ選手・解説者等を迎えてトークを広げるYouTubeチャンネル「田中大貴のアスリートチャンネル」でお届けしている、チャンネルご意見番こと、近鉄バファローズなどで活躍した元プロ野球選手の金村義明さんによる2021年12球団戦力分析シリーズ。

8日に公開された第3弾では昨年セ・リーグAクラスの巨人、阪神、中日の3球団について分析した。

・今すぐ読みたい→
金村義明が12球団戦力を徹底分析!〜昨年パ・Aクラス編〜 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshiakikanemura-analysis/

戦力よりも期待するのは・・・


まずは、2年連続リーグ優勝に輝いた巨人。主な入退団選手は以下の通りだ。

【入団】
梶谷隆幸 外野手(前DeNA)
井納翔一 投手(前DeNA)
スモーク 内野手(前ジャイアンツ)
テームズ 内野手(前ナショナルズ)

【退団】
パーラ 外野手
田中俊太 内野手
山本泰寛 内野手
岩隈久志 投手

上記の戦力を踏まえて金村さんは

「新戦力は30代ばかりですよね。数字的には、まあまあという選手をとっていますが、僕はそれより僕は原采配に尽きると思いますよ。びっくりする采配もできる存在になっていますよね。一昨年も昨年も、キャンプが終わった時点では圧倒的な強さは感じられなかったんですが、シーズンが終わってみると、あれほど2位と差をつけている。昨シーズンも今までのジャイアンツには考えられない捨てゲームを作っていましたが、関係ないですもんね。」

と、過去9度のリーグ優勝に導いている指揮官を絶賛。





今季から加入した梶谷・井納両FA選手について、「巨人へFA加入した選手は重圧が凄そう」と懸念する、アシスタントの淡輪ゆきさん。これについて金村さんは、

「梶谷も井納も、横浜スタジアムでも満員の中でプレーしている。尚且つセ・リーグからセ・リーグへの移籍。これがパ・リーグからの移籍なら毎日が日本シリーズみたいになりますがそうではないので、そこは心配いらないんじゃないですかね。」

とコメントした。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【浅倉カンナ選手】第2弾キャラクターフェイスタオル

浅倉カンナ選手のキャラクターフェイスタオル第2弾の発売が決定いたしました! 浅倉選手のキュートなキャラクターがあしらわれたデザインとなっています。 こちらは期間限定の受注生産販売です。 是非ご購入頂き、3/21のタイトルマッチへ向け皆さんでエールを送りましょう!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧