『日本一の投手コーチ』佐藤義則氏が選んだ「歴代最強ストレート投手」は?令和の怪物・佐々木朗には、まだ物足りなさも

タグ: , , , , , 2022/10/20

(C)CoCoKARAnext

 現役時代に阪急で最優秀投手をはじめ、最優秀中継ぎ投手、最多勝利、最多奪三振、ノーヒットノーラン達成など数多くのタイトルを獲得。引退後も阪神、日本ハム、楽天などでダルビッシュ有や、田中将大ら日本を代表する投手たちを育てあげ、野村克也氏や星野仙一氏に「日本一の投手コーチ」と称された佐藤義則氏に、歴代最強ストレート投手について聞いた。

 一直線に向かっていくボールで勝負する勇敢な姿には誰もが憧れ、数多くの名勝負が生まれてきた。長い野球史の中で、最強のストレートを投げた選手は誰なのか。佐藤氏は、自身の現役時代、そしてコーチとして見てきたあまたの選手たちを振り返った。

【関連記事】「完璧な球を完璧に打たれた」日本一の投手コーチ佐藤義則氏が対戦して嫌だったバッターは?「一番は落合さん」だけど「絶対に忘れない」左打者も






 自身が実際に見たことのある選手という基準を決めた佐藤氏は、まず現役時代に遡って選手を挙げてくれた。

「同期の鈴木孝政(元中日)みたいに、フォーム的にそんなダイナミックではないけど速いタイプと、村田兆治(元ロッテ)さんみたいなマサカリ投法で投げる豪快な速さ。みんなタイプが違うので、何とも言えないんだけどね」

 そう前置きしたうえで、最も印象的だと語ったのが、元阪急の山口高志氏だ。

「一緒にやった中では、山口高志さんかな。江川卓(元巨人)もすごかったけど、やっぱり山口さんの背が小さいのにダイナミックなフォームで投げる速さが印象深い。上半身で『バガッ』と投げるタイプだった。あのちいさな体で、全身を使って、手が伸びきって、アームマシンのように投げる。それをバッターが空振りしているのをずっと見てきた」

 ダイナミックなフォームから繰り出される直球は、球速のみならず体感速度も速く感じたという。さらに、最近の選手について感じている事についても次のように続ける。

「今のピッチャーは150キロを普通に投げるけど、真っ直ぐで空振りを取ってる選手ってあんまり見ないもんね。最近では藤川球児(元阪神)くらい。高めのボール球で空振り取れてた。1球だけ160とか出てるピッチャーもいるけど、それをコンスタントに投げ切れてないので、何とも言えないね」

 平均的な球速は上がってきているものの、藤川氏のように空振りを取れるストレートが見られなくなった現状を残念に思っていると明かした。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧