「ホームラン待ちだった」打線のつながりに欠けた今季の巨人 亀井打撃コーチが理想とするのは“あの年”の打線

タグ: , , , , 2022/12/14

(C)Getty Images

 巨人の現役コーチが、2022年の巨人打線を振り返った。

 今シーズン、5年ぶりのBクラスに終わった巨人。今季は原辰徳監督がシーズン開幕前から若手の積極起用を明言し、投手では山崎伊織や赤星優志、井上温大など、若手が台頭。野手では中山礼都がショートで起用された。しかし、キャプテン・坂本勇人の離脱や主砲・岡本和真の不調などにより、チームの成績を大きく落とした。

【関連記事】新庄ハム 近藤流出を招いた「禁断の一言」とは






 昨年まで一軍外野守備走塁コーチで、来季から打撃部門を担当する亀井善行コーチが、同じく打撃コーチの大久保博元氏のYouTubeチャンネル「デーブ大久保チャンネル」に出演し、2022年シーズンの巨人を振り返った。

 亀井コーチは、「悔しかったですよ」と今季のチーム成績に悔しさを滲ませ、「僕は三塁コーチャーでしたけど、なかなかホームラン待ちのところがあって、機動力が使えなかった」と、打線のつながりがなかったことを、低迷の要因として挙げた。

 今季の巨人は、5選手が20本塁打以上をマークするなど、チーム本塁打数は163本を記録し、ヤクルトの174本に次いでセ・リーグ2位だった。しかし、チーム得点に注目すると巨人は548点で、首位ヤクルトに71点もの差をつけられた。亀井コーチは、長打力はあるが、ここぞという場面での得点に結びつかない打線が課題だと感じているようだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧