新庄ハム 近藤流出を招いた「禁断の一言」とは

タグ: , , , , , 2022/12/13

(C)CoCoKARAnext

 最初からボタンがかけ違えていたか。ソフトバンクは12日、日本ハムから海外フリーエージェント(FA)権を行使し、パ・リーグ5球団の争奪戦となっていた近藤健介外野手(29)を獲得したと発表した。

 常勝軍団復活の「本気度」が感じられる異例の巨額契約となった。7年総額約50億円の超大型契約は単年ベースにすると7億円にものぼる。オリックス、ロッテ、西武、日本ハムによる5球団の争奪戦をプライスリーダーのソフトバンクが制した。

【関連記事】SB入り近藤 超大型契約の「副作用」 早くもささやかれる「ウイークポイント」とは






 生涯打率・307と球界屈指のヒットメーカーをめぐって大争奪戦となった今回の近藤FA。果たして決め手となったのは何だったのか。

 元ロッテ捕手で野球評論家の里崎智也氏は自身のYouTubeチャンネルを12日に更新。日ハム・近藤が、ソフトバンクへの移籍が決定したことについて言及した。

 まず近藤がソフトバンクを選択するにあたっては、「近藤選手は一番(の決め手)は優勝したいというところが一番だったんじゃないかな」と近藤の心境を推察した。

 元々勝利への気持ちが強いとされる近藤について、常勝軍団であるソフトバンクに仲間入りすることで違った景色を求めたのではないかとした。

 一方で古巣の日本ハムに関してもこんな見解をのべた。

 「キャンプ中から見てても、ビッグボス(新庄監督)の発言と、近藤選手の発言に若干誤差があるというところに違和感があった。ビッグボスは『最初から優勝を狙いません』という発言があったけど、近藤選手は一貫して『優勝したい』という発言があったというところで、若干のズレがあったのかな」と考察する場面も。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧