SB入り近藤 超大型契約の「副作用」 早くもささやかれる「ウイークポイント」とは

タグ: , , , , 2022/12/15

(C)CoCoKARAnext

 日本ハムから海外FA権を行使、ソフトバンクに移籍した近藤健介外野手(29)が14日、福岡市内のホテルで入団会見を行った。出来高を含め、移籍選手では史上最長となる7年総額50億円以上の超大型契約が注目を集めている。

 球団カラーである黄色のネクタイを締めて登壇した近藤は「やっと落ち着いて、日々を過ごせるなというホッとした気持ちがあります」と率直な心情を明かした。球界屈指のヒットメーカーをめぐって、パ・リーグ5球団が異例の争奪戦を繰り広げた。ソフトバンクへの移籍の決め手となった点について「僕自身、野球選手として今まで培ってきた能力で勝負するのか、これからもっともっと成長したいという思いで勝負するのかを悩んだ時に、もっと厳しい環境に身を置いて、自分を成長させたいという気持ちが一番強かったです」と自身の成長を促す意味で「常勝軍団」を選んだという。

【関連記事】楽天・島内 「来オフFA行使希望」で波紋 一転トレード要員も?






 一方で出来高を含め、移籍選手では史上最長となる7年総額50億円以上の超大型契約が注目を集める。この点について、近藤自身が周囲の受け止めにナーバスになっていることをうかがわせる場面があった。

 単年で7億円超ともいわれる大型契約は球団の顔、「柳田超え」とも見られているが、会見の中では、プレッシャーについての話題を振られると「新聞記事にギータさんより年俸が高いみたいな。そんなわけないんですけど」と否定する場面があった。その後、「そういう記事とか見ると、のしかかってくるプレッシャーが高いのかなと思いますね」とぽつり。

 すでに近藤の超大型契約をめぐっては、他球団選手も羨望のまなざしを向けている。同じく14日に行われた契約更改の場で楽天島内は「あの金額には負ける。気持ちが持たない」とモチベーション維持に苦労するとまで明かし、オフの最大トピックスとなっている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧