日本ハム・清宮、楽天・オコエ、中日・石川・・・開幕から1か月 あのロマン砲たちの「現在地」とは

タグ: , , , 2022/4/23

 開幕から早くも1か月が経過した。各球団、思ったような戦いができているチーム、また思ったようにいかず苦戦しているチームもあるが、野球ファンの注目を集めるのはあのロマン砲たちの活躍ぶりにもあるのではないか。

【関連記事】ここまでのパ・リーグを金村義明氏が分析!「1番心配していたのが・・・」



 まずは球界屈指のロマン砲、日本ハム・清宮幸太郎内野手(22)。22日のソフトバンク戦(札幌ドーム)、チームは万波の4号3ランが飛び出すなど3本塁打でソフトバンクに12ー5と快勝。一方、この日の試合で注目を集めたのは初回に清宮を「代走」で起用した場面。一塁走者の渡辺が足を痛めたこともあり、代走として起用されたのだが、まさかの代走起用に札幌ドームのファンもどよめいた。

 その後も出場を続けたがこの日は二直、空振り三振、一ゴロと3打数ノーヒット。打率は・146と低迷している。新庄ビッグボスも4番で起用するなど、本格覚醒を願い、粘り強く起用を続けているが、「デッドライン」に近づきつつある。

 オフには9キロ減量したことでも話題を呼んだが、清宮の現状にはこんな指摘もある。

 「まず打撃に関しては打てるゾーンと打てないゾーンがはっきりしていて、下半身の力もうまく使えていない。守備に関しても安定性を欠く場面もあり、まだまだ課題は多いといえそうです」(放送関係者)

 勝負の5年目、万波、野村らと共にチームの中軸を担う存在として期待を集めるが、厳しい状況が続いている。





 また同じパ・リーグで大型野手として期待を集めてきたのは楽天のオコエ瑠偉外野手(24)だ。

 21日に行われたイースタン・リーグ、ヤクルト戦(戸田)に出場したオコエは守備から途中出場すると、8回の第2打席でヤクルト宮台が投じたスライダーを完璧に捉え、左翼席に放り込んだ。

 オフに「左膝関節軟骨欠損症」に関して、自家軟骨移植術を受けた。昨年も左手首、左ひざを手術と近年は度重なる故障に悩まされている。楽天の外野陣は現在、新加入となった西川、新外国人のマルモレホス、辰巳のラインアップとなっている。

 「楽天の外野陣は体調不良で離脱していた岡島や島内など激戦区。ここからよほどアピールしていかないとなかなか一角には食い込めないかもしれない」(同)

 戦線復帰したばかりのオコエだが、ここからいかに調子をあげていくかが鍵を握りそうだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧