矢野阪神4連敗で借金16の泥沼!「笑顔問題」「ちぐはぐ采配」 空中分解進む舞台裏とは

タグ: , , 2022/4/22

 なかなか光が見えてこない。阪神は21日のDeNA戦(横浜)に5―7(6回コールドゲーム)と敗れ、4連敗で今季敵地12戦12敗となった。横浜スタジアムで阪神が同一カード3連敗するのは15年ぶりの屈辱。負のスパイラルが断ち切れないチームには不穏な空気も漂い始めた。

・今すぐ読みたい→
原巨人 「黄金時代」到来か ドラ1次々活躍の裏に「あのコーチ」の存在感 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-coaching-staff/



 1度は勝利を確信した試合だった。2点を追う4回には代打・小野寺の今季1号逆転満塁弾が飛び出すなど、ベンチのムードは最高潮。しかし2番手の馬場が粘れない。4回から登板した馬場は楠本にソロを浴びて、1点差とされると尚も5回。先頭のソト、続く大和に中前打で出塁を許すと、二死、二、三塁から代打・藤田の場面では阪神バッテリーに暴投が飛び出し、同点に追いつかれる。藤田にも中前適時打を許し6―5と逆転を許す。この回はさらに大田の適時打も飛び出し、7ー5と阪神を突き放した。

 激しく降りしきる雨と悪天候も重なったが、試合ではこんなシーンも注目を集めた。降雨のため試合が中断となった阪神ベンチ内では談笑するナインの姿が中継シーンに映し出されたのだ。当時、チームは劣勢の立場にあった。このままでは4連敗という状況の中でも笑顔を浮かべる余裕には、ネット上でも「危機感が感じられない」と厳しい指摘の声が上がった。





 この試合では継投にも疑問の目が向けられた。悪天候という状況でコールドゲームも予想される中、2番手の馬場を引っ張った点だ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧