【対談】中野友加里と無良崇人が語る靴の重要性、そして今改めて思うこととは

タグ: , , 2021/3/17

 フィギュアスケート女子元日本代表の中野友加里さんがフィギュアスケートを様々な角度からお届けするYouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」。

先月26日公開の動画より、SP対談としてゲストに男子シングル元日本代表の無良崇人さんが出演。

その第6弾となった16日公開の動画では、先日出版された本の撮影裏話や、靴の重要性について語られている。

・今すぐ読みたい→
【SP対談】中野友加里×無良崇人が振り返るそれぞれの全日本選手権「全部自分が思った通りにやることができた」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukarinakano-takahitomura/

靴が合わないと思ったら見直すべき


この度、中野さん監修・無良さん協力のもと、「フィギュアスケート ジャンプ 完全レッスン」を出版。

その撮影当日、新調したばかりの靴で臨んだという無良さんだが、撮影後、再度靴を新調したという。その理由についてこう話している。

「靴底が平らじゃなくて・・・。自分がここら辺だろうと思っている位置でつけたら、つま先と後ろは乗れるから合っているんですけど、真ん中が全然違う位置というよくわからない状況があったんです。色々試行錯誤はしたものの、結局どうにもならず、ダメだこれと思い、もう一回靴を変えることにしました。大体右はどうにかなるんですが、左はどうにもならないので・・・。」

フィギュアスケートにおける靴の重要さについて中野さんも、自身の経験を踏まえてこう語る。

「これからスケートをやる人も、今やっている人も、靴が合わないと思ったら一回見直した方がいいと思います。私は現役最後のシーズンに、左足の靴がズレたままで、サルコウとか凄くミスが増えたんです。おそらく靴の影響があったと思います。靴が合わないとジャンプにも影響が出てきますからね。僅かなズレがミスに繋がってくると思います。」





これについて無良さんも、

「普通にパッて立って片足で滑った時に、明らかに乗れていないなって位置で滑っていたら、それを倒したら余計おかしなことになるのは間違いないんですよね。ちなみに僕の場合、靴を変えて合うものは初日から合うんですが、通常だと大体2週間くらいかかりますね。」

と、靴の調整における大変さについてコメントした。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる! 堀口恭司選手が実際にTシャツを着用しています。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧