「意図的にシングルに・・・」中野友加里×無良崇人対談で語られた衝撃の事実とは!?

タグ: , , 2021/3/13

 フィギュアスケート女子元日本代表の中野友加里さんがフィギュアスケートを様々な角度からお届けするYouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」。

先月26日公開の動画より、SP対談としてゲストに男子シングル元日本代表の無良崇人さんが出演。

その第5弾となった12日公開の動画では、苦手意識や克服、さらには4回転ジャンプの習得法について語られている。

・今すぐ読みたい→
【SP対談】中野友加里×無良崇人が振り返るそれぞれの全日本選手権「全部自分が思った通りにやることができた」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukarinakano-takahitomura/

苦手なジャンプは「ループ」


現役時代からジャンプに定評のある無良さん。中でもアクセルジャンプを得意としているが、逆に苦手なジャンプについて問われると「断然ループです。」と即答。

自身もループジャンプを苦手としていたという中野さんは、

「私もループ苦手で、最初は(プログラムに)入れていたんですが、あまりにも確率が低すぎて途中から取りました。練習でいくらできても、本番で大体ダブルとかシングルに抜けるんですよね・・・。ミスをする確率が勿体無いんだったら、入れない方がいいかなと思って、入れるのをやめました。」

と、プログラムから外していたと明かした。すると、無良さんから、衝撃の事実が語られた。

「僕も、一応試合には入れてはいました。今だから言えるんですが、僕意図的にシングルとかやっていた試合もありました(笑)6分間練習の時点で、ループが凄い調子悪い時とかあるんですよ。ある試合で、会場の場所の標高が高かったのもあって、しんどかったんですよね。最後の方までいくのがめっちゃキツイじゃんと途中で思ってしまい、そう思った直後のジャンプがループだったんです。これは無理だから、(ループを)シングルにして他を頑張ろうと思いましたね。」





しかし、現役時代はループジャンプが苦手だったと話す無良さんだが、現在はその苦手意識が克服されたという。

「実は今結構ループが上手いんですよ。浅田真央や川原星といった、ループが上手な人とスケートしているので・・・。それを見ていて、こうやって跳べば良いんだとか色々考えていたら、上手くなってきたんです。親父にもこの前『ループ上手くなったな』って言われましたね。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧