全米女子オープン優勝の笹生優花 優勝の要因に関しては・・・

タグ: , , 2021/6/7

 女子ゴルフ界にまたスーパーヒロインが誕生した。全米女子オープン最終日(6日、オリンピッククラブ=パー71)、笹生優花(19)が通算4アンダーで並んだ畑岡奈紗との日本勢対決となったプレーオフを3ホール目で制し、メジャー優勝を飾った。


 19歳351日での優勝は大会史上最年少。日本勢女子のメジャー優勝は1977年全米女子プロ選手権の樋口久子、2019年全英女子オープンの渋野日向子に続き3人目となる。笹生はフィリピン国籍も持っており、フィリピン勢のメジャー制覇は男女合わせても初の快挙となった。

 この日、首位と1打差でスタートした笹生は前半、2、3番を連続ダブルボギーとスコアを落とした。その後、7番で約5メートルのバーディーパットを沈めるも後半11番でボギーと出入りの激しいゴルフとなった。しかし、終盤の16、17番を連続バーディーで取り戻し、最終的に3バーディー、1ボギー、2ダブルボギーの「73」で終了。その後、畑岡と同スコアに並んだことでプレーオフに突入した。

・今すぐ読みたい→
2打目がOBなら次は何打目?初心者にもわかりやすいペナルティの数え方 https://cocokara-next.com/fitness/golf-ob-rules/






 プレーオフは最初、9番パー4と18番パー4でのストロークプレーだったが、1ホール目、2ホール目とも両者パーセーブしたことにより、9番と18番を交互に利用したサドンデス方式に突入。1ホール目の9番、左ラフから2オンさせた笹生がバーディーを奪って、決着した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧