巨人・岸田 正捕手争いで脱落危機 求められる「あの悪癖」改善とは

タグ: , , 2022/3/8

 開幕まで残り3週間を切り、巨人の正捕手問題が引き続き注目を集めている。

・今すぐ読みたい→
やはり実質上の「戦力外通告」だった!?日ハムノンテンダー問題にプロ野球選手会が抗議文 浮かび上がる「問題点」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/fighters-non-tender-problem/


 今春キャンプを前に原監督が「横一線」を宣言し、スタート。昨年までの実績がある小林、大城を含め、岸田、喜多、山瀬の5人で争われている。ここまでリードしているのは昨年も先発出場95試合と主戦捕手として活躍した大城、5日の日本ハムとのオープン戦ではエースの菅野と組み、日本ハム打線を2イニング無失点に抑えると、同6日の日本ハム戦では8回二死から代打で出場。左腕・堀のスライダーをしっかり捉え、価値ある代打弾をマーク。攻守にわたって存在感を発揮している。原監督も現時点の正捕手争いについては「大城が1歩も2歩もリードしている」と認めている。

 一方で劣勢に立たされているのは、同じく一軍に帯同し、アピールを期待されている岸田だ。今季から捕手のエースナンバーである「27」を背負い、「今年レギュラーを取れなかったら、このまま終わってしまう」とキャンプイン前は危機感を募らせていた。





 そんな岸田の課題がかいま見えたのは6日の日本ハム戦(札幌ドーム)だ。岸田が先発マスクをかぶり左腕・今村とバッテリーを組んで臨んだ一戦。初回、日本ハムの1番に入った群に初球の直球を左中間へ運ばれ二塁打とされると、続く2番・万波にも初球のカットボールをとらえられ、左翼線二塁打を許してしまう。わずか2球で先制点を奪われてしまったのだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧