【日本ハム】再びのファーム再調整となった野村佑希にOB・田中幸雄氏が見る「復活のカギ」とは

タグ: , , , , , , 2024/6/21

野村は昨年、4番を任された時期もあった(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

 日本ハムから、また新たなロマン砲が出てきた。外野手の水谷瞬は交流戦史上最高打率となる「.438」をマークし、MVPを獲得。オフに現役ドラフトでソフトバンクから移籍。めぐまれた体格からなる豪快な打撃で球界を席巻した。

 今季の日本ハムは投打それぞれで好調の要因が挙げられるが、中でも目立つのは野手陣における新戦力の台頭だろう。

【動画】エスコン初本塁打を記録した野村が、昨季本拠地最終戦で13号ソロを放ったシーン





 プロ6年目で自身初の開幕スタメンマスクを勝ち取った田宮裕涼は、今や近藤健介(ソフトバンク)と首位打者争いをくり広げ、日本ハムファンばかりか、全国区のスターに駆け上がろうとしている。チームにとっても、近年課題とされてきた正捕手の座を射止める寸前まで来ている。

 田宮と同じくショートで自身初の開幕スタメンを掴んだ3年目の水野達稀は、プロ初本塁打やサヨナラ打を記録するなど着実に成長を示しているほか、堅実な守備も光る。

 さらに、サードでのレギュラー定着を狙うのが、郡司裕也だ。本職は捕手でありながら、持ち味である打撃を活かすため、出場機会を広げようと春季キャンプからこれまで主に守っていたファーストやレフトに加え、新たにサードに取り組んだ。

 自身の努力と持ち前の野球センス、さらには兼ねてより定評のあった打力も存分に発揮し、交流戦でも古巣の中日戦で本塁打を放つなど存在感を示した。

 そんな新戦力の活躍が光る一方で、悔しさで闘志を燃やしている者もいる。21日からのリーグ戦再開を前に再びファーム調整を命じられたのが野村佑希だ。19日に登録抹消となった。

 野村は開幕サードでスタメン出場を果たしながら、4月12日に登録抹消。2軍で結果を積み上げ、再昇格してきたが、6月は打率「.211」とふるわなかった。

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧