中田の後継者は誰?注目の「新4番」候補をミスターファイターズが語る

タグ: , , , , 2021/9/16

 日本ハム不動の4番・中田翔の電撃移籍からおよそ1ヶ月。チームがリーグ最下位と低迷する中で起きた、球団の顔とも言える主砲の突然の騒動に球界がざわついた。

 だが一方で、今年の日本ハムは、チームの成績とは相反する形で若手の活躍が目立っている。シーズン序盤から離脱した中田の代わりに一塁を守り、レギュラーに定着しつつある7年目の髙濱をはじめ、同じく7年目で今年はセンターを守りながらリードオフマンとしても機能している浅間など、若手の台頭がチームを鼓舞しつつある。

・今すぐ読みたい→
未だ一軍昇格なしの日本ハム清宮 ミスターファイターズが指摘する「物足りなさ」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukiotanaka-talks-about-kotarokiyomiya-3/


●9/26(日)巨人vs阪神戦 巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんとオンライン酒飲み観戦!



 
 その中でも一際存在感を放つのが、3年目の野村佑希内野手(21)だろう。今季は主に中軸を打っているほか、4番も任されるなど、中田が抜けた今、次期4番候補として1番近い存在とも言われている。

 その野村を、ミスターファイターズこと球団OBの田中幸雄氏は、

「彼の魅力はバッティング。まだ3年目なので、これから体がもっと大きくなっていくと、バットスイングも速くなるし、パワーもついてくる。そうすると飛距離ももっと出ると思いますからね。
なんせ彼は、ボールを捉える感覚が非常に上手い。引っ張っても良いし流しても良いですから。対応力が高いなと思います。そこに関しても、スピードが上がってキレが増すと、対応力も上がってくると思う。非常に楽しみですね」

と、太鼓判。





 一方で、課題について問われると

「僕自身もそうでしたが、経験を積んでいくうちに、足りないものとか、もっとこうしなくてはいけないといったことがわかってくると思う。
それを1年間キャンプや練習、ゲームを通じて、自分の中で色々と考えながらやっていくことが大切。自分の中で期待されて4番を打つと決めているのであれば、そこに向かってまだ持っていない技術面含むいろんなことを経験し、取り組んでいくことが大事だと思います」

とした同氏。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧