「坂本勇人の小型版」田中幸雄が語る日ハム・渡邉諒への期待と課題

タグ: , , 2020/8/26

 「ミスターファイターズ」の愛称で知られ、現役時代には2000安打を達成し、名球会入りも果たしている田中幸雄さん。

22年間の現役時代を日本ハム一筋で過ごしたのち、引退後はコーチ経験を経て、2軍監督へ就任した。

その田中さんの監督時代をファームで過ごし、数多くの指導を受けた選手の1人が渡邉諒だ。

昨年からレギュラー に定着すると、一時は中軸を任されるなど、着々と成長を重ねている。

そんな渡邉について、入団当初から近くで見続けてきた田中さんは、彼の活躍をどう感じているのだろうか。

経験とともに成長していく


「僕は彼が入団した時から絶賛していましたからね。元々、ストレートには強い選手でしたが、当時は変化球の打ち方が気になっていました。上半身が前に突っ込む癖があって体の軸が傾いていたので変化球が泳いでしまっていたんです。そこから1軍で試合に出場する機会を与えてもらって、その経験というのがかなり大きいと思います。良いピッチャーのボールを見て対応する。そういった能力は試合に出るほど身につくと思いますしね。」

と、最近では「直球王子」とも呼ばれる渡邉の打撃面を分析。

一方で、守備面に関しては

「守備も年々上手くなっていますよね。ボール捌きだったり、足の動きも良くなっていると思います。彼の特徴として、ハーフバウンド気味で捕るんです。普通はボールの落ち際か、ショートバウンド気味がとりやすいと言われているんですけどね。それでもちゃんととるから上手いなと思います。あとは、守備も打撃と同じで、ボールを見て、それに合わせて体を動かしていく。そういったことは、試合に出ていくうちに体が勝手に覚えてくると思いますね。」

と、経験とともにもっと成長していくとの見方を示した。

・今すぐ読みたい→
止まらない「レベチ中田」田中幸雄が感じる成長と昨年との違いとは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shonakata-growth/






「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧