田中幸雄が考えるプロ3年目・清宮がレギュラー定着のために必要なこととは

タグ: , , 2020/8/25

 ファイターズ一筋で「ミスターファイターズ」の愛称で知られる田中幸雄さん。現役時代には2000安打を達成し、名球会入りも果たした田中さんに、今年プロ3年目を迎えた清宮幸太郎について話を聞いた。

ここまで思うような結果を出せず、自身の才能を最大限に発揮できていないように思えるが、そんな清宮の課題、さらには育成法について、かつて日本ハムの2軍監督を務めた経験もある田中さんはどのように考えているのだろうか。


ー今年プロ3年目。ここまで中々一軍で結果を残せていないように感じますが、3年目という今の清宮選手を田中さんはどのように見ていますか?

「本当ならもっといって欲しいと思っています。比較するわけではないですが、今活躍しているヤクルト・村上、ロッテ・安田は同い年ですしね。彼らと同じくらいの期待や素質、能力は十分に持ち合わせている。いずれはそこまでいけると思いますけどね。ただ、レギュラー としての走力や守備力といった打撃以外はまだまだ足りていないと感じています。」

ー今年プロ3年目。ここまで中々一軍で結果を残せていないように感じますが、3年目という今の清宮選手を田中さんはどのー現在ファースト又は指名打者での出場が多いですが、レギュラーとして定着するためには中田選手を超えるくらいの存在になる必要がありますか?

「そうですね。ある程度複数ポジションを守れるならばまた変わってきますが・・・。日本人のあの年でDHと言うのも持ったいないですよね。ただ現状ファーストだけとなると、中田がいる限りは難しいと感じています。なので、今はもうチャンスをもらった時に、いかに打って結果を残すか、それしかないと思っています。」

・今すぐ読みたい→
止まらない「レベチ中田」田中幸雄が感じる成長と昨年との違いとは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shonakata-growth/






ー今年プロ3年目。ここまで中々一軍で結果を残せていないように感じますが、3年目という今の清宮選手を田中さんはどのー昨年はレフトを守る機会もありますが、ファースト以外のポジションに挑戦すると言う選択肢はアリでしょうか?

「それもアリだとは思います。今は複数ポジションを守れると、打力があれば使いたいという監督の考えもあると思いますしね。日本ハムの場合、今特に外野のポジションは埋まっていますからね・・・。清宮がどのくらいの守備能力を持っているか。試合を通じて経験していくことが必要になってくるんじゃないでしょうか。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧