ミスターファイターズ・田中幸雄が見るここまでの日本ハム「期待を上回っている」

タグ: , , 2020/8/22

 プロ野球が開幕してから2ヶ月が経過し、セリーグは巨人が首位を独走。一方のパリーグは同率首位のホークス、ロッテから4位日本ハムまでが3.5ゲーム差と、激しい上位争いが繰り広げられている。

中でも日本ハムは、開幕前の下馬評は低かったものの、上位チームに食らいつきながら奮闘していると言えるだろう。

そんな日本ハムのここまでの戦いぶり、そして残り試合を戦う上でのポイントについて、「ミスターファイターズ」こと田中幸雄さんに話を聞いた。

残り試合のポイントは「投打の噛み合い」


開幕からおよそ2ヶ月。ここまでの日本ハムの戦いぶりについて田中さんはこう話す。

「率直に頑張っているなという印象です。開幕前の順位予想では、OBとしての期待も込めてAクラスにしていましたが、どこかで実際は厳しいのではとも思っていました。ただ、今は上位チームともそこまで離れていないですし、当初の期待を上回っているというのが正直なところです。」

現在日本ハムは4位。ただ、同率首位に立つホークス、ロッテとは3.5ゲーム差、Aクラス争いをしている楽天とは3ゲーム差と、まだまだ上位を狙える位置につけている。

残り約70試合を戦う上でチームにとって必要なことを、田中さんはどう見ているのだろうか。

「やはり、投打の噛み合いが重要になってくると思います。僕は当初、上沢が出遅れるなど、先発ピッチャーが揃っていないと感じていました。ただ、バーヘイゲンやマルティネスが調子いいですし、本調子ではないものの、有原もいる。打線もここ最近は調子も良く、繋がりがあります。このまま投打が上手く噛み合えば上昇していくと思います。ただ、全部の試合に勝てるというわけではないと思います。その中で勝たなければいけない試合を落とさないことが重要になってくると思いますね。」






・今すぐ読みたい→
止まらない「レベチ中田」田中幸雄が感じる成長と昨年との違いとは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shonakata-growth/

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧