【巨人】高橋の「非情登板」をめぐって物議 起用法をめぐって賛否両論の「理由」とは

タグ: , , 2022/5/18

 劇的なサヨナラ勝ちの裏で・・・。巨人は17日の広島戦(宇都宮)に3ー2のサヨナラ勝ち。ベテラン中島が9回に巨人に移籍後初となる逆転サヨナラ打を放ち、試合を決めた。チームはこれで2位に浮上した。

【関連記事】原巨人 粛清モード続くチームで選手たちが戦々恐々 心配される「負の連鎖」とは



 チームを支えるベテランが底力を発揮した。2点を追う9回。無死満塁からまずポランコが適時打で1点を返すと、尚も無死満塁の好機にターリーのチェンジアップを捉え、左翼線へ運んだ。値千金の逆転サヨナラ2点適時打を放ったヒーローは自身がかつて自主トレを行ったという思い出の地、宇都宮でナインから手荒い祝福を受け、笑顔をはじけさせた。

 一方で歓喜の輪に加われなかったのは、この日9回に登板した高橋だった。先発した15日の中日戦を2回途中6安打4失点KO。先発として3試合連続で結果を示せなかったことで中継ぎ降格が告げられていたが、中1日となったこの日、2点を追う9回に登板した。しかし先頭の坂倉を四球で歩かせると、続く小園に中前打を浴び、無死一、二塁となった場面で一死も奪えずに降板となった。この高橋の起用について原監督は「何とか優貴を(チームの)輪に入れたいというところではあるけれども・・・」となかなか浮上できない左腕にもどかしさを示した。

 一方で今回の高橋の起用に関してはネット上から「まるで見せしめ」「1回下に落としてじっくり調整したほうがいい」と物議をかもしている。こういった声が飛び交う背景には最近の高橋の起用も関係している。





 開幕は中継ぎスタートとなった高橋が先発を務めたのは5月1日の阪神戦から。注目を集めたのは先発2試合目の登板となった8日のヤクルト戦だった。1ー1の同点で迎えた5回。先頭の投手に四球を与え、二死二塁となった場面で2番手の鍬原にスイッチとなった。その時点では1失点、しかも勝利投手の権利を得る目前の4回3分の2で降板となり、投げていた高橋もあっけにとられた表情を見せたほど。次の登板となった15日の中日戦でも初回は三者凡退に抑えながら、2回に突然乱調となり、早期降板となってしまった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧