【日本ハム】今川優馬が執念のグランドスラム!今季放った様々な「執念弾」とは

タグ: , , , , 2022/7/25

(C)CoCoKARAnext

 24日,札幌ドームで千葉ロッテと対戦した日本ハムは5-4で前半戦最後の試合を白星で締めた。

 この試合、4番に座り、存在感を示したのが、プロ2年目の今川優馬だ。

 新型コロナウイルス陽性判定を受けて離脱中の野村に代わり、21日のオリックス戦から3戦連続でチームの主軸を任される形となった。

【関連記事】原巨人 OBから指摘された「前半戦失速」の「戦犯」とは






 その今川が、この試合、初回からいきなり大チャンスで打席を迎えた。

 ヒットと四死球でノーアウト満塁の絶好機で打席に入ると、カウント1-1からの3球目、ロッテ先発・ロメロのストレートをライナーでレフトスタンド最前列に叩き込み、自身初となるグランドスラムで大仕事をやってのけた。

 まさに「執念」ともいえるホームラン だった。

 前日には9回、2アウト2塁一打同点のチャンスで打席が回るものの、惜しくもセカンドライナーでチームの勝利へ導くことができずにいた。

 その悔しさを初回から晴らす見事なバッティングをみせた。

 そんな今川だが、ここまで放った8本のホームランは、様々な場面での「執念」を見せつけるかのような一打となっている。

4/21 楽天戦 2号・・・前日DHとして起用されるも4打数無安打。その悔しさを晴らす一打

4/28 オリックス戦 4,5号・・・前日の試合でホームラン含む猛打賞を記録するも、ノーアウト満塁同点のチャンス、最終回一発出れば同点の場面でいずれも凡退。その悔しさを晴らす2本のホームランを記録。

5/1 ロッテ戦 6号・・・ここまで全て左投手からのホームランについて、ビッグボスが「右投手から打てたらスター候補の1人になれる」とコメント。その直後に見事右投手から放った一発。

7/23 ロッテ戦 7号・・・プロ初の4番起用されるも無安打に終わった前の試合。その悔しさを晴らす一発。

7/24 ロッテ戦 8号・・・前日の試合で9回、2アウト2塁一打同点のチャンスで打席が回るも凡退。その翌日第1打席でいきなり放ったグランドスラム。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧