菊池雄星がメジャー初完封、MLBで100球以内の完封を何と呼ぶ?

タグ: , 2019/8/19

 マリナーズの菊池雄星投手が18日のブルージェイズ戦で待望のメジャー初完封勝利を挙げた。2安打無失点1四球で8奪三振という投球内容だった。

 菊池はここまで25試合に先発して、4勝8敗、防御率5・56。6月23日を最後に、8先発続けて白星から遠ざかっていた。

・合わせて読みたい→
大谷が菊池、前田からホームラン、過去に最も多かった日本人対決とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/most-frequent-japanese-confrontation-at-majorleague/)


 4年総額5600万ドル(約59億円)、出来高など含めると最長で7年総額1億900万ドル(約114億円)という大型契約で入団した期待には応えられていなかった。

 メジャー挑戦した日本人投手は、1年目に良い成績を残す傾向が強い。2年目以降は疲労も蓄積してくるし、何より球筋と投球傾向などが分析され、丸裸とされるからだ。

 そういう点では、過去の日本人投手と比較しても、菊池のここまでの1年目は及第点にも達していなかった。米国のファンからは、やはり1年目から期待を裏切ったヤンキース・井川慶投手の名前を挙げ「ケイ・イガワ2世だ」という辛辣なコメントも飛んでいた。

 その低評価を覆す快投。メジャーリーグ公式HPも「これこそ、この3カ月間マリナーズが待ち望んでいた菊池雄星の姿だ」と力強い書き出しで初完封の模様をレポートした。

 何より出色だったのが、わずか96球という球数の少なさだった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧