矢野阪神 「だから4番が育たない」といわれる「大山外し」の波紋

タグ: , , , 2021/11/7

 6日に行われたセ・リーグのCSファーストステージ第1戦、シーズン2位の阪神は3位の巨人と甲子園で激突。阪神打線は相手エースの菅野対策用のオーダーも組んだが、不発、ミスも重なり0―4と敗れた。阪神にとっては7日の第2戦で負ければCS敗退が決まり、今シーズンが終了となる。

・今すぐ読みたい→
巨人・岡本CS欠場は「人災」か 調整失敗の原因とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kazumaokamoto-miss-cs/



 まずこの試合で大きく注目を集めたのは5回の攻防にあった。1点を先制された直後の五回。先頭の4番・マルテがこの日、チーム初安打をマーク。続く5番・糸原の打席の場面、1ボールから2球目にマルテがスタートを切った。チーム在籍3年間でこれまで1盗塁しか記録していないマルテの単独スチールは考えられず、ベンチの指示によるエンドランと思われる作戦だったが、完全に巨人バッテリーに読まれていた。

 捕手・小林が大きく外してウエストすると、糸原はスイングすることも叶わず、二塁は楽々タッチアウトに終わった。試合後、矢野監督は「あれを外すっていうことは何か根拠が・・・。かなり高い確率でなければ外せないと思うんでね」とがっくり。このプレー以降、阪神ベンチもサインを出しづらくなり、攻撃の選択肢を狭められ、敗戦の一因ともなった。

 一方、別の意味で注目を集めたのはこの日の先発オーダーにもあった。相手エース菅野対策として、相性などを考慮。主力の大山、佐藤輝をスタメンから外し、代わって島田、木浪が先発オーダーに名を連ねた。この点について球界内からはこんな厳しい声も飛んだ。





 「相性とかコンディションの問題など色々あるだろうが、この大事な局面で大山を外すのは考えられない。4番として大山を育てると掲げている限り、こういう大舞台を経験させてこそ、本人も成長していく。矢野監督にも『大山と心中』ぐらいの気持ちで起用する覚悟が必要ではないか」(球界関係者)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧