「応援団」の存在が逆風に?阪神・佐藤輝の新人王獲りに立ちはだかる「あの問題」

タグ: , , , , 2021/10/6

 三すくみと見られていたセ・リーグの新人王争いもいよいよ最終コーナーを回りラストスパートを迎えた。デッドヒートに割って入る勢いをみせる「第4の男」も急浮上。ここにきてヤクルト・奥川恭伸投手の評価がうなぎ上りだ。

 奥川は9月は3戦3勝。内容も素晴らしかった。同月7日の阪神戦は7回2安打無失点。17日の巨人戦は7回5安打1失点。28日のDeNA戦は6回3安打無失点で、そのいずれもが無四球。9月は20イニングに投げ防御率0・45と、ヤクルトの首位浮上に大きく貢献した。

・今すぐ読みたい→
佐藤輝、栗林、牧・・・新人王の行方を巨人OB・鈴木尚広氏が予想! https://cocokara-next.com/athlete_celeb/takahirosuzuki-rookie-king/


 
 逆に「3強」の中で評価を大きく下げているのが、当初は本命視されていた阪神・佐藤輝明。10月3日の中日戦で4打席無安打に終わりとうとう59打席連続無安打となり、投手を含めたセ・リーグのワースト記録を更新した。従来記録は1955年の大石正彦(大洋)の55打席だった。脅威の飛距離で飛ばしていた前半戦からは考えられないような逆噴射で急失速。数字だけ見れば広島・栗林良吏、DeNA・牧秀悟に水をあけられ、新人王獲得は絶望的な状況にも映る。

 そこで黙っていないのが在阪メディアの存在だ。 熱狂的な報道で知られる彼らにとって、待望の虎のスター誕生なるか否かは死活問題。組織票で、佐藤を後押ししかねない。過去にも明らかに在阪メディアと見られる露骨な組織票があった。





 世間を呆れさせたのが2017年オフ。このシーズンは中日・京田とDeNA・浜口が激しい新人王争いを繰り広げた。京田141試合に出場し球団新人記録の149安打を放ち、打率・264、4本塁打、36打点で、リーグ2位の23盗塁。浜口は22試合に投げ、10勝6敗、防御率3・57の数字を残した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧