阪神・佐藤の急失速で混沌とするセ・リーグの新人王争い 対抗馬となる選手とは

タグ: , , , , 2021/9/17

 大本命の急失速で、激しい三つ巴の行方が混沌としてきた。セ・リーグの新人王争いである。

 規格外のパワーで開幕から飛ばし続けてきたのが阪神・佐藤輝明。だが、8月21日の中日戦での第4打席に中前打を放ってから、快音がピタリと止まった。まさかの35打席連続ノーヒット。9月10日に出場選手登録を抹消された。

・今すぐ読みたい→
し烈なパ・新人王争い 34年前同争いを繰り広げたエースはどう見ているのか https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukihironishizaki-pacific-league-rookie-king/


●9/26(日)巨人vs阪神戦 巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんとオンライン酒飲み観戦!



 
 佐藤はここまで105試合に出場。95安打し、打率・254、23本塁打、60打点の成績を残している。5月にはセ・リーグの新人では1958年の長嶋茂雄以来となる1試合3本塁打をマーク。6本塁打、19打点で月間MVPを受賞した。新人王争いの大本命に推されていたが、落とし穴が待っていた。

 ライバルの2人は、コンスタントな活躍を続けている。

 野手の対抗馬がDeNAの牧秀悟。佐藤を上回る104安打を放ち、打率・282。18本塁打と57打点のいずれも、近いうちに佐藤を追い抜いてもおかしくない。

 球団の新人100安打は、1959年の桑田武以来、62年ぶり3人目。その桑田が持つ117安打の球団記録更新も、十分手の届くところにある。





 投手は広島の栗林良吏が新人クローザーとして開幕から安定した投球を披露。ここまで40試合で0勝1敗、24セーブ、防御率0・45という数字を残している。

 こちらも牧同様に、球団の新人セーブ記録更新が間近。現在1軍投手コーチとして師事を仰いでいる永川勝浩が2003年に残した25セーブへあと「1」と迫っている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧