し烈なパ・新人王争い 34年前同争いを繰り広げたエースはどう見ているのか

タグ: , , , 2021/9/14

 例年以上にし烈な優勝が繰り広げられているパ・リーグ。首位ロッテから4位のソフトバンクまでが6.5ゲーム差と、最後までわからない状況だ。(13日現在)

一方で、リーグ優勝と同じくらい激しい争いが繰り広げられているのが、新人王争いだ。現状、その候補に上がっているのが、オリックス宮城大弥投手(20)、楽天早川隆久投手(23)、日本ハム伊藤大海投手(24)。残り試合数を考えても、この3人の中から選出されることはほぼ間違いないだろう。

・今すぐ読みたい→
巨人・陽岱鋼 年俸3億円男が初打席 「戦力外通告シリーズ」の様相 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yang-dai-kang-first-at-bat/

●9/15(水)西武vs日本ハム戦 日本ハム・西武のレジェンド「西崎幸広」さんとオンライン酒飲み観戦!
●9/26(日)巨人vs阪神戦 巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんとオンライン酒飲み観戦!



 
 34年前、その新人王争い真っ只中にいたのが、日本ハム、西武ライオンズで活躍した「トレンディエース」こと、西崎幸広氏だ。

日本ハムのドラフト1位で入団した西崎氏は、同じく1位指名の近鉄バファローズ・阿波野秀幸とシーズン最後までほぼ互角の争いを繰り広げた。

当時の戦いを

「前半戦は4勝のみに終わり、後半戦でチームのAクラス入りを目指していたら自ずと10連勝していた。新人王は阿波野がとるものだと思っていたのでそこまでは意識していなかった」

と振り返る同氏。

結果、両者の成績はほぼ互角だったものの、新人王の座は阿波野に。だが、西崎氏の成績も新人王に値するものと評価され、パ・リーグ会長特別賞が贈られた。





そんな自身の経験も踏まえ、今年の激しい新人王争いのポイントとして

「ハイレベルな戦いで13勝か14勝が新人王のライン。新人王は最終的に結果であってチームにためにどれだけ貢献したかの方が大事。そのことをわかっていれば自ずと結果もついてくるのではないでしょうか」

と、個人の結果のみならずチームへの貢献度も重要な判断要素と挙げた西崎氏。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧