羽生結弦、辛口の夕刊紙も認めたその実力 業界が騒然とした「あの見出し」とは

タグ: , , 2022/8/30

(C)Getty Images

 大衆ジャーナリズムの「常識」が覆りつつあります。

 昭和の時代から夕刊紙--東京スポーツ、日刊ゲンダイ、夕刊フジの3紙は辛口の論調で知られ、帰宅時のサラリーマンの友として、仕事で疲れた心身を癒やしてきました。

【関連記事】羽生結弦がスポーツ新聞を変えた 永遠の課題「オヤジジャーナルからの脱却」進む






 メディア関係者は言います。

 「朝刊スポーツ紙とは一線を画した、厳しい筆致こそが夕刊紙の特徴です。東スポならプロレスに競馬、日刊ゲンダイは『反権力』、対する夕刊フジは『親安倍』とカラーも鮮明で、それぞれに熱心な読者がついている。しかし、いずれも問題点を激しく追及する姿勢は一貫しています」

 しかし、あるトップアスリートに対しては、持ち前の意地悪さが鳴りを潜めるというのです。

 それは誰か…羽生結弦さんです。

 前述の関係者は証言します。

 「日刊ゲンダイでは、2014年のソチ五輪の報道が今でも語りぐさになっています。完璧な演技を見せた羽生に、ゲンダイは『本紙もケチつけられず』という見出しで最高のエールを送ったのです。ゲンダイ側が自らのキャラクターを踏まえた上でのユーモアにあふれた見出しに、『ゲンダイにここまで書かせる羽生は凄い』と話題になった。羽生にとって、最高の偉業と言えるでしょう(笑)」

 ゲンダイだけではありません。これまで数々のスーパースターを遠慮なく「料理」してきたあの東スポですら、羽生の前には真っ当なジャーナリズムを展開してしまうのです。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧