羽生結弦があの「東京スポーツ一面」にもたらした「異変」とは

タグ: , , 2022/8/25

(C)Getty Images

 東京スポーツ、略して「東スポ」。

 その一面はある意味、芸術であるとも言われています。

 朝刊スポーツ紙のデスクは言います。

 「かつて『マドンナ痔だった』『プレスリー生きていた』『人面魚、重体脱す』などの傑作一面が世に放たれ、今でも『東スポ伝説』として語り継がれています。というのも、東スポは即売がメインの夕刊紙。我々朝刊紙よりも深く濃い、そして駅の売店でキャッチーに通行人の目を引く一面見出しが、東スポにとっては生命線だったわけです」

【関連記事】羽生結弦、「1社5分」の単独インタビューが各社秀逸だった理由とは






 そして、こう続けるのです。

 「お笑いタレントが『東スポは日付け以外は全部誤報』とかネタにしてきたから、面白新聞のイメージが強いですけど、実は記者の力量はガチ。例えばプロ野球の現場でも、東スポの記者は一番早く来て、一番最後に帰る。朝刊スポーツ紙の記者が帰った後も、残って裏方さんからじっくりと話を聞いている。だから人が育つ。朝刊スポーツ紙に転職した記者の中には、出世街道を驀進している人も少なくないんです」

 そんな東スポの一面見出しに「異変」が起きたことが話題になりました。8月13日付けはこのような見出しが躍ったからです。

 「本紙に告白 羽生スケート愛」
 「単独インタビュー」
 「私がおじいさんになっても…信念曲げない人間でいたい」
 「うまくなる!!常に忘れないで強くなっていきたい」

 スポーツメディア関係者はこう分析します。

 「どんなスーパースターでも面白おかしく、東スポ風に『料理』するのが東スポさんの流儀でした。人格者で知られるあの松井秀喜さんも、東スポではAV大好き人間に描かれ続けた。まあ、それが松井さんの親しみやすさに寄与した部分も大きいんですが(笑)。しかし、今回の羽生さん単独インタビューに関しては、遊びの要素がゼロです。逆に言えば、あの東スポ上層部が『ガチのストレートなインタビューでも、一面として十分成立する』という判断をしたとも言える。羽生さんがスーパースターの中でも別格であることが、この東スポ一面からもうかがい知れるわけです」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧