羽生結弦、東京ドーム公演に関する一部夕刊紙報道に欠けた「視点」とは

タグ: , , 2022/12/19

(C)Getty Images

 ファンにとっては最高の「GIFT」になる予感が漂います。

 サプライズは12月5日、青森県八戸市内のフラット八戸で行われた羽生結弦さんの単独アイスショー「プロローグ」の最終日に、もたらされました。2023年2月26日に東京ドームで、「GIFT」と銘打ったアイスショーを開催することが発表になったのです。

【写真】話題騒然!「美しくも力強い」羽生結弦さんの単独アイスショー「プロローグ」の模様をお届け!






 スポーツ紙の記者は言います。

「これまで様々なチャレンジをしてきた羽生さんにとっても、大きな挑戦となることは間違いありません。トップアスリートにアーティストら、すべての表現者にとって、東京ドームは目指すべき最終到達点の会場。そこで羽生さんがどんなパフォーマンスを見せるのか。歴史が動く一日になりそうです」

 しかし、過去にない挑戦には、このような難癖もつけられました。12月8日の「日刊ゲンダイ」は、「羽生結弦『スケーター史上初の単独東京ドーム公演』に識者が疑問符『ふさわしい場所とは…』」との見出しで記事を配信。識者の「東京ドームはあまりふさわしい場所とは思えません」との言葉を紹介し、その開催に異議を唱えています。

 これに対して反論するのは、あるスポーツ新聞のデスクです。

「アントニオ猪木さんが初めて東京ドームに進出した時のことを思い出しました。1989年4月24日の『格闘衛星 闘強導夢』です。猪木さんの挑戦には『豆粒にしか見えない東京ドームでプロレス興行なんて成功するワケがない』『無謀』との声が、大会前にはあふれていたんです」

 そして、こう続けるのです。

「ところが猪木さんのカリスマ性をもってすれば、東京ドームの広さは関係なかった。5万人を超える大観衆がファイトに酔いしれ、新日本プロレスの東京ドーム興行は恒例化。数々の名勝負がこの場で展開され、98年4月4日の猪木さんの引退試合には、主催者発表で7万人の大観衆が押し寄せました。有名な『道』の詩が初披露されたのも、東京ドームだったわけです」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧