ビール好きのあなたへ!ビールの種類・カロリーについて知ろう

タグ: , , 2021/6/10

 夏でも冬でも、どの季節でもおいしいビール。ビール好きの方にとって、仕事終わりの1杯、お風呂上がりの1杯は至福ですよね…。

最近は外出自粛の影響で、高価格帯のクラフトビール(地ビール)のニーズが増えているようです。(※1)外出できない分、自宅でリッチな気分を味わうにはぴったりですよね。

でも、そもそもビールの種類ってどんなものがあるかご存じですか?クラフトビールのほかにも、発泡酒や新ジャンルといわれるビールとの違い、何となく知っているけどよく知らない…、という方も多いのではないでしょうか。

今回はビール好きのあなたに向けて、ビールの種類について解説をします。さらには体重が気になる方にも知って欲しい、カロリーの違いについてもお伝えします。

・今すぐ読みたい→
まずは3キロ!2週間で確実に痩せるダイエット方法 https://cocokara-next.com/fitness/surely-lose-weight-diet-method-in-two-weeks/

ビールの種類

ビールの主な種類
ビールは、大麦を発芽させた「麦芽」・つる性の植物である「ホップ」・「水」を主な原料として発酵させたものです。

ビールの種類は、発酵のさせ方や酵母や原料、色の違いなどにより細かく分類されます。

<世界の主なビール>(※2)


日本のビールは下面発酵ビール(ラガービール)がほとんどで、中でも「ピルスナー」というビールに分類されます。

ビールといえばドイツのイメージですが、日本のビールの原産国がチェコというのは意外ですよね。ピルスナービールは日本だけでなく、世界で最もよく作られているビールです。(※3)

クラフトビールって何?
クラフトビールとは地ビールのことで、小規模な事業者が作るビールのことを指します。ピルスナー以外の、日本であまり作られていなかったビールもよく作られています。

個性的な味わいで近年人気が出ており、とくに今年の自粛期間中は、売り上げを伸ばしているメーカーもあるようです。(※1)ほかのビールに比べると高価格帯ですが、飲み比べを楽しんだり、リッチな気分を味わったりと、家にいながらさまざまな楽しみ方ができるのが魅力ですね。





発泡酒、新ジャンルのビールって?
自宅ではビールではなく、発泡酒や新ジャンルのビールを愛飲している方も多いのではないでしょうか。ビール・発泡酒・新ジャンルのビールは酒税法によりそれぞれ税率が異なるため、ほとんどがビールに比べると安価です。

さらには種類も豊富で、「糖質ゼロ」や「プリン体ゼロ」など、体重や健康が気になる方にとってもありがたい存在です。

<ビール・発泡酒・新ジャンルの違い>(※4)(※5)

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧