ダイエッターなら知っておきたい!肥満度を表す体格指数「BMI」

タグ: , , , 2022/7/4

 健康診断を受けたことがある人やダイエットを志す人なら、BMIという体格指数を目にしたことがあるはず。これは、肥満度を表し、国際的にも使用されているものです。見方を知って、健康づくりやダイエットに役立ててみませんか?

【関連記事】10キロ痩せたい!1か月でダイエットを成功させるおすすめ方法4選

BMI(体格指数:Body Mass Index)とは?

肥満度をあらわす体格指数で、[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]という計算で求められます。(※1)用いる単位は、体重ならキログラム、身長ならメートルです。

体重が50kg、身長が150cm(1.5m)であれば、50÷1.5÷1.5=22.2と計算します。算出方法は世界共通で、WHOではBMI30以上を肥満と定義しています。

BMIと日本人の関係

日本人は、BMI25を超えたあたりから、脂質異常症・糖尿病・高血圧症などの健康障害が出てくる傾向があります。これを踏まえ、日本肥満学会では下表のような肥満度の基準を定めています。特に、BMI25以上の肥満は4段階に分類し、BMI35以上を高度肥満としています。(※2)

BMI/肥満度判定
18.5未満/低体重(痩せ)
18.5~25未満/標準体重
25~30未満/肥満(1度)
30~35未満/肥満(2度)
35~40未満/肥満(3度)
40以上/肥満(4度)





BMIの低すぎも危険!

健康を維持するには、BMIを低く抑えればよいというわけではありません。 痩せている人も、肥満の人と同じように死亡率が高くなることが分かってきました。国立がん研究センターが、4万人を対象に1990年から10年間「BMI(体格指数:Body Mass Index)と死亡率の関係」を追跡したところ、最も痩せているグループ(BMI14~18.9)と最も肥満度が高いグループ(BMIが30~39.9)の死亡率が高いという結果も得られています。(※3)

最近は、多くの女性が痩せ願望を持ち、極端なダイエットによってBMI18.5未満という人が増えています。痩せすぎは、健康に長生きするのが難しくなるだけでなく、出産した子どもの生活習慣病リスクも上がるとされているので要注意です。(※4)

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧