シャッキリ爽快! ズボラなあなたもできる、ベッドで簡単朝トレーニング

タグ: , 2019/1/18

 寒―い冬。目覚まし時計を止める手もひんやりして、ベッドから出るのに勇気がいりますよね。それならいっそ、温かい布団の中でトレーニングしてみませんか? エアコンをつけて部屋が温まるまでの5分間程度でOK。朝トレを終えてベッドを出てみれば、お部屋も体もちょうど良く温まって、元気に1日のスタートが切れますよ!

・合わせて読みたい→
トレーニング中の糖質は○○を使用しよう!(https://cocokara-next.com/fitness/carbohydrate-during-training/)

 寒くてベッドから出るのが億劫な季節になってきました。そこで今回は、RIZAPの山口優馬トレーナーが、ぬくぬくのベッドにいながらできる朝におすすめのトレーニングをレクチャー。シャッキリ目が覚めるから、充実した1日が過ごせそう。ついでに気になるお腹周りもすっきりさせちゃいましょう。

いいこといっぱい! 朝トレのメリット


(1)覚醒効果がバツグン!
体温を調節したり、血液の流れを整えたり……、私たちの体をコントロールしている自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

副交感神経が活発になるのは休息時で、交感神経は活動時に活発といわれ、トレーニングを行うと交感神経が優位に働きます。
つまり、朝トレーニングを行えば、副交感神経優位の状態から、交感神経優位の状態への切り替えがスムーズに行わるということ。シャッキリ覚醒することができるから、朝から仕事もはかどりそうです。

(2)トレーニング密度が高まる
一定の時間におけるトレーニングのパフォーマンスの高さを、トレーナーたちは「密度」という言葉で表現します。
忙しい朝は「短時間で効率的にトレーニングを行おう」という意識が働くので、必然的に密度の高いトレーニングを行うようになるそうです。

(3)夜の睡眠に影響しない
夜トレーニングを行っている方のなかで、「寝つきが悪い」といった睡眠のお悩みのある方はいらっしゃいませんか? もしかしたらそれはトレーニングが影響しているのかも。 先ほどもご紹介したとおり、トレーニングを行うと、交感神経が優位に働きます。そのため、夜寝る前にトレーニングを行うと、体が覚醒して寝付きにくくなることがあるのです。お心当たりのある方は、夜トレではなく朝トレに切り替えてみてください。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧