【グリーン上では何をすべき?】マナーや打つ前にやる事など3つのポイントを紹介します

タグ: , , , 2021/2/20

[文:レジャーゴルフのサイト【Caddy(キャディ)】]

 今回は、「グリーン上で何をすべきか?マナーや打つ前の行動について」説明していきます。

「え?何をすべきかってパターで打つだけでしょ?」と思うかも知れませんね。確かに極論はそうなんですが、それだけではない。

以下より詳しく説明していきます。

・今すぐ読みたい→
ゴルフスイングの勘違い~起き上がり~ https://cocokara-next.com/fitness/misunderstanding-golf-swing-05/

グリーン上ではやる事が沢山ある!時間を無駄にしない

グリーンに乗れば後は打ってカップに入れるだけ。

活字で書けばそれで終わりですが、実際グリーン上ではやる事が沢山あります。

そしてそのやる事を知って意識していないと、周りに迷惑をかけてしまいます。やるべき事を迅速に、かつスマートに行い、パッティングに集中する時間を作る事が肝。

グリーンに乗ってからやる事は全部で3つ。

重要な順に紹介していきます。

その1.グリーンフォークでピッチマークを修復


1つ目はピッチマークを修復する作業です。(ピッチマークとは球がグリーンに乗った際にできる打球痕を差します)

このピッチマークを直さない人が本当に多い。これは色々な理由があると思うんですよね。

1.グリーンに乗った事で舞い上がり修復作業を忘れてしまう
2.修復しなくてはいけない事を知らない
3.フォークを持っていない

可能性的に多いのは1でしょう。

パーオンしたのか、または結構な距離から打ってグリーンに乗った。その事で舞い上がり、自分で付けたピッチマークを忘れてしまう。

2も一昔前なら可能性はありましたが、今はどのゴルフ場でも「ピッチマークはフォークで修復して」というポスターが貼ってあるので、知らないは難しい。

いずれにしても、グリーンに乗ったら最初にピッチマークを修復する事。プロなどは自身が付けたマークじゃなくても目に入ったら修復したりします。

そこまでのやらなくても自分のくらいは直しましょう。

使用する前より、使用した後の方が綺麗になってる状態にするのが紳士なふるまいです。





その2.上りか下りか、どれだけ切れるのかをチェック

自分のピッチマークを修復した次にやる事。

自分のボールの所に行きマークします。この後やる事は2つ。

1.上りか下りか
2.どれだけ横に切れるか

ラインを読みます。

ここで一番大切なのは【縦の距離感】です。

個人的に【横の距離感】はそこまで大切ではありません。特にファーストパットは。

見た目ですぐ分かる程の横の傾斜なら計算に入れないとダメですが、目を凝らさないと分からない横傾斜なら無視で構いません。

プロのように1回では入らないので、次のパットで入るように1打目でできるだけ近付ける事を意識します。

とにかく縦の距離感を合わせる。その為には上りか下りかに注視しましょう。

繰り返しますが、微妙な横傾斜なんて無視。

相手のラインに注意!極力踏まない事
ライン読みに夢中になると、相手のラインを踏んでしまう事があります。
(同伴者のラインとは、同伴者のマークした所からカップまで直線を引いた場所)

このライン上を踏むと、その跡で球の回転が変化する為、マナー上は跨ぐか迂回するのが良しとされています。

実際はさして影響はないものですが、それでも堂々と踏めば良い気はしません。

自分のラインを気にし過ぎて、周囲が分からなくなるという事が無いようにしましょう。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧