目元の「クマ」には3種類あるってご存知ですか?

タグ: , 2024/6/8

「東京・恵比寿で美容鍼灸,鍼灸治療をお探しならmeilongへ(https://www.meilong.jp/」

 目元の【クマ】には3種類あるってご存知でしょうか?

また、皆様の目元はどのタイプなのか…気になりますよね!

【クマ】には、『茶クマ』・『黒クマ』・『青クマ』の3種類があります!

【関連記事】簡単自宅ケア!目の下のクマについて





それぞれの【クマ】の特徴

『茶クマ』

紫外線や乾燥、アイメイクや目をこする癖などで起こる摩擦などによって皮膚に慢性的な刺激が加わると肌のターンオーバーが乱れ、目の周りの皮膚にメラニン色素が沈着することが原因で起こります。茶クマは目の下が茶色く見えるクマで、下に引っ張っても、上を向いても変化が見られないのが特徴です。

『黒クマ』

私達は1日に1万回以上のまばたきをすると言われています。目の周りの筋力〈眼輪筋(がんりんきん)〉と呼ばれる筋肉が衰えたり、年齢と共に目元のコラーゲンが減ってしまい、肌のハリ・弾力が低下し皮膚がたるみ、くぼんだ部分が影になってしまっているのが原因で起こります。または〈眼窩脂肪(がんかしぼう)〉という下瞼の脂肪が前方に突出して影になってしまい黒クマとして見えます。黒クマは、目の下が黒く見えるクマで、上を向くと薄くなるのが特徴です。

『青クマ』

1番多いのが、『青クマ』です。

睡眠不足や疲労、ストレス、PCやスマホを長時間見るなどの眼精疲労、生活習慣の乱れ、貧血、肩首凝りなどからくる血行不良が主な原因です。目の周辺は毛細血管が多いため、血行不良になると皮膚から血管が透けて青くみえる為、青クマが目立つようになります。青クマは、目の下が青黒く見えるので皮膚を下に引っ張るとクマが薄くなるのが特徴です。

「フィットネス」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧