ゴルフスイングの勘違い~床反力・地面反力 第2弾~

タグ: , , , , 2024/6/17

[文:トータルゴルフフィットネス – ゴルファーのための会員制フィットネスクラブ(https://www.tg-fitness.net/)]

 トータルゴルフフィットネス トレーナーの小谷博文です。

床反力・地面反力第2弾!

今回は床反力・地面反力を高めるトレーニングのご紹介です。

【関連記事】ゴルフスイングの勘違い~振り遅れ~





詳しい内容はこちらの動画でご紹介していますのでご覧下さい!

 床反力を受けるときに、身体のバランスを保てていなかったり、踏んだ後に返ってくる力をもらえきれなかったりするのには、関節の柔軟性の問題もあるのですが、バランスをとる・姿勢を保つという事がとても重要です。

そこで今回は、床反力を上げることで軽視されがちなバランストレーニングからご紹介させて頂きます。

両足立ちの時にはグラグラしてしまうということはほとんどないですね、なので片足の状態でバランスを取るということを行っていきましょう。

最初にご紹介するのは、片足立ちでアドレス姿勢をとっていきましょう!

最初のエクササイズでは動きのエクササイズではなく安定性を高めるエクササイズです。

30秒間キープすることを目標にしましょう

動きを制御するために安定させるということが基本になります。

ここで押さえて頂きたいポイントは足首でバランスを取る(Ankle Strategy:アンクルストラテジー)ということです。

そして、足の裏の筋肉やセンサーを活発にしておくことが足首を使うことに繋がってきます。

足の裏を活性化させるために、ゴルフボールを軽く踏み足の裏でボールをコロコロ転がしましょう。

転がした前と後でのバランスの変化はどうですか?

転がした後での方が足の裏の地面への接地感がわかると思います!

これが足の裏センサーが活発になった証拠です。

「フィットネス」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧