医者が考える「痛い」病気ワースト5

タグ: , 2022/7/7

 「痛み」について考えたことはありますか?病気予防や、適切な診断・治療のためには、どの部位でどんな痛みが出ているのかをしっかりと伝える必要があります。

 数多くの患者と向き合う、みやま市工藤内科の医師・工藤孝文先生は、自身のYouTubeで強い痛みが出る病気について解説をしています。今回は、工藤先生が選ぶ「痛い病気ワースト5」と、その痛みの特徴を紹介します。

【関連記事】「こむら返り」は体からの危険信号

■第5位 群発頭痛
頭痛の一種で男性に多い病気です。
目をえぐられるような痛みがあり、目が充血する、目がズキズキして痛いというのが特徴です。頭痛にはほかにも同じ姿勢を取り続けることなどで起こる「緊張型頭痛」やズキズキと脈打つような痛みが特徴の「片頭痛」もありますが、なかなか治らない頭痛がある時は、「群発頭痛」を疑ったほうがいいかもしれません。激しい頭痛が起こっている場合はほかにもくも膜下出血や髄膜炎など重大な脳の病気が隠れている場合もあります。注意しましょう。

■第4位 心筋梗塞
心臓に酸素と栄養を運ぶ冠動脈が詰まって、胸が痛くなる病気です。発症すると冷や汗、吐き気、強い痛みが出ます。心筋梗塞の基本的な原因は動脈硬化、糖尿病・高血圧・高コレステロールなど。





■第3位 胆石
あるデータでは、10人に1人が胆石を持っていると言われています。ものすごく胸が痛くなり、冷や汗、締め付けられるような痛みを感じ、心筋梗塞を疑いましたが、入院後もずっと痛みがあったため検査をして、胆石だとわかったこという事例があります。
心筋梗塞に匹敵するぐらい、胆石症は痛い病気と言われます。エコー検査などで胆石を指摘されたことがある方は、そのことを医師に伝えることで診断に近づける可能性があります。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧