お口の乾燥にも要注意?風邪やインフルエンザへのリスクと対策とは

タグ: , , , , 2021/3/15

[文:ホワイトホワイトビューティー(https://whitebeauty.tokyo/)]

 寒い時期になると、お肌や髪の乾燥が気になる方も多いのではないでしょうか?

実は冬場はお肌だけでなく、口腔内も乾きやすくなります。

お口の中が乾燥することで口臭が目立ちやすくなるほか、風邪やインフルエンザにもかかりやすくなるため注意が必要です。

今回は、お口の乾燥による思わぬリスクと対策についてみていきましょう。

・今すぐ読みたい→
インフルエンザ予防にも!秋冬に歯みがきケアを強化するべき理由 https://cocokara-next.com/fitness/strengthen-toothpaste-care-in-the-fall-and-winter/





特に冬はお口も乾燥しやすい

冬の時期は気温が低く空気が乾燥しているため、お口の中も乾きやすくなります。

また、暖房やヒーターを使用することでさらに空気が乾燥し、口の粘膜の水分が減少しやすくなります。

お口の乾燥による口腔内への影響


お口が乾燥することによる口腔内への影響についてご紹介します。

唾液には主に洗浄作用、緩衝作用、抗菌作用の三つの作用があります。

・自浄作用
お口の中を洗い流す働きをします。

・緩衝作用
お口の中は通常、中性に保たれており食事をすることで酸性に傾きます。
唾液には酸性を中性に戻し、歯を虫歯から守る働きがあります。

・抗菌作用
細菌が増えるのを抑え、虫歯や歯周病菌からお口を守る働きをします。

お口の中が乾燥して唾液量が減ると、これらの作用が低下して細菌が増加します。口腔内の細菌量が増加することで、虫歯や歯周病リスクの増加や口臭の原因へとつながります。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる! 堀口恭司選手が実際にTシャツを着用しています。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧