インフルエンザ予防にも!秋冬に歯みがきケアを強化するべき理由

タグ: , , 2020/10/16

[文:ホワイトホワイトビューティー東京(https://whitebeauty.tokyo/)]

今年の冬はインフルエンザとコロナ感染に要注意

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、予防の手段としてマスクの着用に加え手洗いうがいや・手指消毒の徹底が呼び掛けられています。

これらは毎年流行するインフルエンザ予防にも効果的です。

また、実は歯みがきケアもインフルエンザや風邪予防に効果的なことをご存知でしょうか?

今回は、秋冬に強化するべき歯みがきケアについて詳しくみていきましょう。

・今すぐ読みたい→
芸能人にも多いガミースマイル!原因と治療法を徹底解説 https://cocokara-next.com/lifestyle/causes-and-treatment-of-gummy-smile/





口腔内細菌とインフルエンザの関係


「お口の中の細菌が多いほど、インフルエンザに感染するリスクが高くなる」という研究結果もあり、口腔内細菌とインフルエンザの関係は密接にあります。

成人の歯をよく磨いている人でも「1,000~2,000億個」もの細菌がお口の中に存在するといわれています。

磨き残しをそのままにしていると汚れはプラーク(歯垢)となり、さらにプラークは細菌の住処になります。

細菌には、「プロテアーゼ」という酵素を出して喉の粘膜を弱らせるはたらきがあります。このプロテアーゼは喉の粘膜からウイルスを侵入しやすくします。

口腔内を不衛生な状態のまま放置すると細菌の数が増えプロテアーゼも増殖。インフルエンザや風邪の感染リスクが高くなるという悪循環が発生します。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧