水分補給の役割

タグ: , 2024/5/28

「東京・恵比寿で美容鍼灸,鍼灸治療をお探しならmeilongへ(https://www.meilong.jp/」

 普段何気なく飲んでいるお水ですが、そもそも体の中でどのような働きをしているのかというと体内での水の働きは大きく分けて3つあります。

【関連記事】あなたの肺は大丈夫?3つ以上当てはまる人は危険!肺の機能低下を知るためのチェックリスト





①体温の調節水は腸から吸収され、血液などの体液になって全身を循環します。体温が上がってきたときには皮膚への血液の循環を増やし、汗を出すことで熱を逃し、体温一定に保ってくれます。

②体に必要な成分の運搬・老廃物の収集血液は、体のすみずみまで酸素、栄養、ホルモンなどの成分を運ぶ重要な役割を担っています。それと同時に、老廃物や過剰な物質を集めて腎臓へ送る働きもしてくれますり

③老廃物を体外へ排出血液によって運ばれた老廃物は、腎臓で多量の水と共にろ過されて、尿として体の外へ排出されてます。健康な人の平均的な排尿量は1日約1.2Lで、最低でも500mlの尿を排泄しなければ、老廃物を出し切ることができないと言われています。

私たちの体は約60%が水分でできています。そのうちの約40%が細胞内の水分、約20%が血液やリンパ液など細胞以外の水分と言われているので、水は生きるために絶対に欠かせないものになるんです!

[文:meilong スタッフ]

【リピート多し!】Meilong初診カウンセリング料+20%offチケット


「東京・恵比寿で美容鍼灸,鍼灸治療をお探しならmeilongへ(https://www.meilong.jp/」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

【関連記事】毎日3杯のコーヒーで生活習慣病が改善できる! コーヒーと健康について

【関連記事】認知症には水分補給?!

【関連記事】知っておきたい!血管がキレイになる食事法とは

meilong 院長・石川美絵(いしかわ・みえ)

石川美絵

大学では栄養学を学びテレビ局、IT企業、広告代理店などに勤務し、20代後半時の大きな人生の挫折から東洋医学の世界に出会う。鍼灸と漢方の奥深さに魅かれ鍼灸学校に入学し国家資格鍼灸師免許を取得。学生時代は40院の経営兼柔道整復師・鍼灸あん摩指圧マッサージ師でもある先生のアシスタントをし、国家資格取得後、北京中医薬大学卒でもある鍼灸30年の先生から技術を取得する。さらに美容鍼灸のパイオニアに師事し、世界で活躍する日本鍼灸の技術に刺激され研究を重ねる。さらに200件以上の治療院・クリニック・スパ・エステなどを周る。ホテル椿山荘の鍼灸治療施設「KENBITOKYO」、「東方健美」へ勤務した後、2014年、四谷に紹介制治療院Meilongを開業。

世に鍼灸を広めたく2015年meilong恵比寿院をオープンし、続けて2017年meilong恵比寿mana院をオープン。2019年meilong銀座院もオープン。

千葉大学医学部附属病院の和漢診療科での研修、漢方医、各専門分野の医師との連携もし日々、情報交換、学会への参加も努めている。また自分自身が不妊治療をし鍼灸と漢方も併用し子を授かったが途中、死産分娩を経験している事、さらに不育症からの妊娠を維持する為の体験、知識もあり不妊治療にも寄り添いたいという想いも強い。世の頑張っている女性の一番の味方でありたいと思っている。

「フィットネス」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧