咀嚼と嚥下に重要な舌の役割

タグ: , , 2022/12/15

[文:健康わくわくサイト 人生100年時代に役立つトレヴィアをお届けします]

舌の衰えにもご注意を

粒ガムをクチャクチャする時も舌を使います。

 「口」は人が健康的に生活していく窓口としてたいせつな器官です。食べたり飲んだりするための消化器官。友達との会話やビジネスパートナーとの商談など、言葉を発して人と人とを結びつけるコミュニケーションツールでもあります。

最近口の中を噛んで粘膜を傷付けてしまう時が多いのです。外傷性口内炎になってしまいます。癖にならないように注意したいところです。

【関連記事】こむら返りは「体からの危険信号」?深刻な病気が隠れている可能性も





噛んでしまう原因にもいろいろあるでしょう。少なくとも新型コロナ禍による身体的,精神的,社会的な虚弱(フレイル)によって表れた過ちではないように思う。なぜなら口を動かす機会が減っていないからです。食べたり飲んだり、しゃべったりすること。幸いにも口の運動量はコロナ前とあまり変わっていません。

では何が誘因なのか?第一に「疲労」が挙げられます。確かにからだ全体が疲れてくると口を動かすのも嫌になります。しゃべりたくもない時ってありますよね。あごの動きを制御し難くなっているのかも知れない。今年も残すところ1ヶ月半です。年末になって来ると体調を崩す人がいます。そろそろ1年の疲れが表れる時期なので、口の動きにも影響しているのかも知れません。

思い返してみたら、食事中に口の中を噛んでしまうことに気が付いた。

頬の内側や、時折舌を噛んでしまいます。激痛に耐えながら「やってしまった!馬鹿だなぁ~。」と自分自身を呆れてしまうのです。まさに開いた口が塞がらない状態となるのです。

食事の最中は摂食嚥下機能がしっかり働かないといけません。歯や歯周組織が丈夫なのか?上下の歯の噛み合わせに不具合はないのか?スムーズにあごが動いてくれるのか?といった注意点が思い起されます。

これらは主に咀嚼に必要な部位です。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧