今年こそ達成しよう!意外と知られていない、つらくない禁煙達成のコツとは

タグ: , , , , , 2024/6/20

「今日こそたばこをやめよう……」そう決意しても、頭痛やイライラが出始め、吸いたい気持ちでつい手が伸びてしまう。あなたはそんな経験をしたことがありませんか? 禁煙は決心が必要なこと。また、たばこに関しては健康被害なども伝えられているため、決心したら一日でも早く取り組みたいもの。その困難な道のりを少しでもラクにするため、今回は禁煙時の離脱症状とその克服法を詳しくご紹介します。

【関連記事】「喫煙」による金銭と時間の浪費について





1.禁煙の離脱症状はどうして起こる?

禁煙を始めると、最初の24時間以内に離脱症状があらわれます。それは、たばこの中に含まれるニコチンという物質が、私たちの脳に直接作用するからです。ニコチンは神経伝達物質のひとつであるドーパミンの分泌を促進し、これが喫煙を続ける原動力となります。

しかし、たばこをやめるとこのドーパミンの分泌が急激に減少し、頭痛やイライラなどの症状があらわれるのです。これらの症状は最初の1週間程度でピークに達し、その後2~3週間で自然に消失するといわれています。禁断症状が長く続くと厳しいですが、ある程度の期間だと分かっていれば、耐えられる場合もあるかもしれません。

2.禁煙の離脱症状を抑えるには

離脱症状を抑える具体的な克服法を2つご紹介します。

2-1.代替行動
吸いたい欲求は3~5分で鎮まるといわれています。その間に何か別のことを行い、気を紛らわせましょう。手軽なのはガムを噛むことや歯を磨くこと。

他には、リラクゼーション効果のある瞑想やヨガなどの行動もおすすめです。また、趣味に没頭したり、散歩に出たりといった方法も効果的です。時間を有効に使い、禁煙への道のりを少しでも軽くしましょう。

2-2.禁煙補助薬
「禁煙補助薬」は、禁煙成功への頼れるパートナーです。使うことで、ずっとラクに禁煙を始めることができます。

市販の「ニコチンガム」や「ニコチンパッチ」は、強いニコチンの欲求を緩和し、禁煙をサポートします。これらは薬局や薬店で手に入れやすいです。

禁煙補助薬は個々の目標やニコチン依存度、生活習慣に合わせて選びましょう。適切な補助薬を利用することで、禁煙への道はもっと広がります。禁煙外来など設けているクリニックの活用もおすすめです。

「フィットネス」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧