パターヘッドの重量・バランスを考える

タグ: , , 2021/10/14

[文:トータルゴルフフィットネス – ゴルファーのための会員制フィットネスクラブ(https://www.tg-fitness.net/)]

皆さんこんにちは。パッティングストローク分析を担当している遠藤です。

今月は、現在私がTGFで行っているパッティングストローク分析を皆さんに分かりやすく説明していきたいと思います。


 パターヘッドの重量は色々なものがあります。通常の34インチ前後の長さのパターにおいて軽い物は320g、重い物は380gくらいまであります。みなさんご存知の Scotty Cameron のパターは長さによってヘッド重量を変えています。33インチは360g、34インチは350g、35インチは340gに設定されています。

一般的に短いストロークでタップ式に打つ人は軽いヘッド重量・バランスで、長いゆったりとしたストロークをする人は重いヘッド重量・バランスが良いと言われています。これもストロークの種類に合わせるとその方がやりやすいということになるのだと思います。

やはり重いヘッド重量・バランスではタップ式でインパクトを作って打つにはヘッドのコントロールが難しくなります。逆にゆったり振ろうと思って軽いヘッド・バランスの物を使うとこれも軌道が安定しないということになります。ですのでゆったり振る大型マレットはヘッド重量が重い物が多いです。

最近はヘッドウェイトの交換で好きなヘッド重量に変えられるパターが増えてきました。ヘッド重量を変えたくなる(変える必要がある)状況は色々なタイミングでやってきます。

・今すぐ読みたい→
【動画あり】やみくもな筋トレは逆効果!ゴルフがもっと上手になる自宅での筋トレ6選 https://cocokara-next.com/fitness/golf_workout/





どんな状況があるかというと…

1.長さを短くした
2.グリップを交換した
3.自分の打ち方に合わせたい

などがありますね。

1. の場合は長さを短くすると同じヘッド重量ではバランスがかなり軽くなってしまいます。ですので近いバランスを得るには、1インチの増減で10gの増減が必要になると言われています。(根拠はありませんが…)

2. の場合は長さを変えなくてもグリップ重量が変わるとバランスが大きく変わります。ですのでグリップ交換の際は重量の確認が重要です。また重量が同じでも形状によってはバランスが軽くなったような感覚になることもあるので注意が必要です。

3. はストロークの種類によって合うヘッドバランスが変わってくると思っています。タップ式でフォローをそれほど出さない打ち方であれば軽いバランスにしたいのでヘッド重量は軽めにした方が良いと思います。インパクトが無くストローク中にインパクトがあり、その際の加速がないタイプであれば重いバランスが良いので、ヘッド重量は重い方が良いと思います。

次回は32インチから35インチで、ヘッド重量の違いによってどのくらいバランスが変わるかを実験してみようと思います。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧